中国地方の川

錦川リバーSUP(行波~臥竜橋) 2019.04.21

清流の流れと錦帯橋を満喫する欲張りなコンセプトを実現するため、余儀無くされたロングコース。ひとつめの沈下橋以降向かい風に苦しめられたが、それ以外の点では大満足なダウンリバー。 臥龍橋1.22, 宮の串1.07, 南桑1.98m

20190421_nishikigawasup_miyake-52_r

続きを読む "錦川リバーSUP(行波~臥竜橋) 2019.04.21" »

江の川リバーSUP 2019.04.20

渇水でも楽しく下れるクラス2。終盤に濃密な瀬が続き。距離的にもちょうどよいコース設定。都賀0.35m20190420_gonokawasup_miyake-70

続きを読む "江の川リバーSUP 2019.04.20" »

錦川リバーSUP 2017.03.19

清流と素直なクラス1の瀬。危険は皆無ではないが、リバーツーリングの醍醐味を十二分に味わえる。南桑2.03臥龍橋1.21m
S_17349814_1674085182617969_2175311

続きを読む "錦川リバーSUP 2017.03.19" »

吉井川リバーSUPツーリング 2017.02.04

不足はないが決して多くはない水量に、数えきれないほどに続くクラス1とそれらを繋ぐ適度な流れの瀞場。古くから高瀬舟の水運に利用され、人手によって緩やかに作り変えられているようだ。近年建造された巨大な堰堤の間の区間が、のんびりツーリングにもってこいのコースとなる。
津山1.45m 周匝0.57m
S_20170204_yoshiigawasup_miyake_26

続きを読む "吉井川リバーSUPツーリング 2017.02.04" »

SUP STYLE HAGI 2016.11.12-13

山口県萩の阿武川ダム直下の阿武川カヌー練習場で初めて開催されたSUPオンリーのレースに参加した。
S_dsc00988

続きを読む "SUP STYLE HAGI 2016.11.12-13" »

岡山旭川SUPツーリング 2016.05.28

延々と続く水草に覆われた川床を眺めつつのんびりと瀞場を進む。勾配は緩かだがコンスタントに流れは続くので、向かい風でも吹かれない限りは距離はあまり苦にならない。堰堤越えと漁の仕掛けのクリアに注意が必要だが、水質に目を瞑れば素晴らしいツーリングコースだ。
牧山0.67、福渡0.65m
S_20160528_okayamaasahigawasup_m_21

続きを読む "岡山旭川SUPツーリング 2016.05.28" »

高梁川リバーSUP 2016.04.02

備中三川の雄「高梁川」で初岡山ダウンリバー。カルストの独特な景観は他ではなかなかお目に掛かれない。アンダーカットが多く、瀬も易しいとは言ないが、経験者には面白いダウンリバーコースである。
方谷0.83-1.02m
S_20160402_takahashigawasup_miyake_

続きを読む "高梁川リバーSUP 2016.04.02" »

江の川リバーSUP 2015.11.29

中国地方の代表的ダウンリバーゲレンデは、コンスタントにクラス2の瀬があり、ホワイトウォーターSUPにも最適。ツーリングとホワイトウォーターが融合したロングコースを快適な水量で楽しんだ。
都賀0.64m
S_rimg1044

続きを読む "江の川リバーSUP 2015.11.29" »

錦川リバーSUP 2015.11.28

クラス1の清流のせせらぎとクライマックスの錦帯橋。ツーリングの王道ゲレンデ。錦川鉄道での回送も悪くない選択肢。
南桑2.06m
S_rimg0941

続きを読む "錦川リバーSUP 2015.11.28" »

錦川リバーSUP 2015.04.12

花見には一週間遅れてしまったが、平日に続いた雨で夏場の大雨並みに増水。それから2日経ち濁りが取れて清流も復活。贅沢にも豊富な水量と同時に味わえるベストコンディションとなった。
南桑2.46-2.44m
S_20150412_nishikigawasup_miyake_70


続きを読む "錦川リバーSUP 2015.04.12" »

ウェブページ

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ