櫛田川系

蓮&櫛田川ロングコース 2016.09.22

台風がもたらした非日常のハイウオーターを堪能。水位計が壊れており記録無しであるが、蓮ダム30t、田引90cm見当。
S_dsc00476

続きを読む "蓮&櫛田川ロングコース 2016.09.22" »

櫛田川リバーSUP 2015.10.03

十分な流速のクリアな流れ。瀬にメリハリがあって、まだまだダウンリバーを楽しめる水位。SUPにはフィンヒットに多少注意が必要。
蓮ダム放流4t, 田引-0.07m
S_20151003_kushidagawakayak_miyak_6

続きを読む "櫛田川リバーSUP 2015.10.03" »

櫛田川リバーSUP 2015.09.26

厚みの水を纏った瀬は、ルートも比較的取りやすく、ほどよい落差もあってグッドコンディション。全ての瀬で、水深も十分で、ストレスなくチャレンジできる。
蓮ダム放水量8.96t, 田引欠測(前回より明らかに多め)
S_dsc_0232

続きを読む "櫛田川リバーSUP 2015.09.26" »

櫛田川リバーSUP 2015.09.12

前半に集中して大きな瀬が続き、中盤はツーリングコースのような穏やかな区間が長く続く。そして、後半にコース最大の弁天の瀬が現れる。
蓮ダム8.84~8.91t, 田引0.22~0.21m
S_20150912_sup_miyake_60

続きを読む "櫛田川リバーSUP 2015.09.12" »

櫛田川リバーSUP(奥香肌峡・赤桶セクション) 2015.08.29

ホワイトウォーター天国のベスト水量を、奥香肌峡・赤桶の2セクションで余さず満喫。
蓮ダム放水量8.94t, 田引0.41~0.37m(以前よりも15~20cm数値低め)
S_s_dsc00505

続きを読む "櫛田川リバーSUP(奥香肌峡・赤桶セクション) 2015.08.29" »

櫛田川リバーSUP(蓮・赤桶2本立て) 2015.06.27

水量が急速に減る中、なんとか蓮ダム10t近辺で間に合う。狭いゴルジュに早い流れ。複雑な瀬と強烈なエディラインに翻弄される。
蓮ダム8.97~7.0t, 田引0.43~0.38m
S_dsc06044

続きを読む "櫛田川リバーSUP(蓮・赤桶2本立て) 2015.06.27" »

櫛田川赤桶セクションリバーSUP 2014.08.14

狭いゴルジュに大量の水が流れる事で、複雑で激しいエディライン、ボイルを生み出す。
ホワイトウオーターSUPの限界をプッシュアップするロングダウンリバーセッション。
栄山寺0.17m, 五條2.37m, 蓮ダム放流15.94t, 田引0.57m
S_20140814_kushidariversup_miyake_1

続きを読む "櫛田川赤桶セクションリバーSUP 2014.08.14" »

櫛田川リバーSUP(茶倉セクション) 2014.07.13

いつもの赤桶セクションのゴールからスタート。ツーリングコースと思ったが、結構な瀬があり楽しめた。
松坂の市街に入る手前の長い瀞場まで。
蓮ダム放流7.99t, 田引0.22m
S_dsc01548

続きを読む "櫛田川リバーSUP(茶倉セクション) 2014.07.13" »

櫛田川リバーSUP(赤桶セクション) 204.07.12

この水量でも、迫力充分。
瀬の難度は高いが、ルート取りはそれほど難しくない。但し、強烈なボイルやエディライン、反射波に耐え、しっかりボードを安定させるスキルと、瀬泳ぎのスキルが必要。
蓮ダム放流13.77t, 田引0.44~0.42m
S_20140712_kushidagawa_asato2_053

続きを読む "櫛田川リバーSUP(赤桶セクション) 204.07.12" »

櫛田川(赤桶セクション)リバーSUP 2013.10.27

三回目にして最大の水量。
プレイスポットが盛り沢山でカヤッカーも大満足。荒れた水面を縫うダウンリバーはSUPの限界に迫る。
蓮ダム放流22.88~19.92t, 田引0.68~0.62m
20131027_kushidagawariversup_miyake


続きを読む "櫛田川(赤桶セクション)リバーSUP 2013.10.27" »

ウェブページ

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ