« 櫛田川(ミドル&赤桶セクション)ダウンリバー 2020.07.11 | トップページ | 馬瀬川クリークボーティング 2020.07.19 »

早月川(アッパー)クリークボーティング 2020.07.18

バワー、落差ともハイグレード。濃い川霧に見通しを失い、少し進む度にスカウティングを繰り返すも、コース途中で断念。 蓑輪0.19m

20200718_hayatsukikayak_miyake-43_r

前回よりも水位が蓑輪6㎝高いだけで大違い。濁りはあまり無く、澄んではいるが、流れは非常に早く強力。

20200718_hayatsukikayak_miyake-4_r

プットインはひどい藪漕ぎだった。

20200718_hayatsukikayak_miyake-5_r

P7180004_r

漕ぎ出して直ぐに普通のボートコントロールは通用しないことに気付かされる。

P7180012_r

20200718_hayatsukikayak_miyake-54_r

流れは留まらず、ひと続きの瀬のように繋がっている。そうなると泳いだ時のリスクは最大化される。ルート取りをより確実にするため、頻繁にスカウティングする。

20200718_hayatsukikayak_miyake-55_r

20200718_hayatsukikayak_miyake-63_r

どの瀬も振り返れば階段状に結構な落差である。

20200718_hayatsukikayak_miyake-80_r

20200718_hayatsukikayak_miyake-88_r

20200718_hayatsukikayak_miyake-96_r

20200718_hayatsukikayak_miyake-110_r

2つめの橋である剣橋の堰堤。偵察時は真ん中を楽に抜けられそうと判断していたが、目前に迫ると全く先が見えず、結局、右岸からポーテージ。

20200718_hayatsukikayak_miyake-2_r

20200718_hayatsukikayak_miyake-143_r

20200718_hayatsukikayak_miyake-144_r

川霧が濃く、瀬の出だししか見えない状態。堰堤下に繋がる何でもない瀬をスカウティングして下った所で、時間もレスキューに手間取ってもう3時前。ちょうど上陸に適した剣橋の右岸下流側からのびるスロープがあったので、これ以上先に進むのを諦め終了した。

P7180026_r

P7180033_r

 

【当日のデータ】
水量:箕輪0.19,月形橋0.85m
プットイン:伊折集落跡「劔の小径」
テイクアウト:剣橋
距離:3.3km
高低差:86m
所要時間:2時間
使用艇:クリークボート
グレード:4級

 

« 櫛田川(ミドル&赤桶セクション)ダウンリバー 2020.07.11 | トップページ | 馬瀬川クリークボーティング 2020.07.19 »

増水系」カテゴリの記事

北陸の川」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 櫛田川(ミドル&赤桶セクション)ダウンリバー 2020.07.11 | トップページ | 馬瀬川クリークボーティング 2020.07.19 »

ウェブページ

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ