« 富田川アッパーセクションダウンリバー 2020.06.21 | トップページ | 安曇川ダウンリバー 2020.07.04 »

北山川ダウンリバー 2020.06.27

コロナ自粛明けのキタヤマ、シーズン初漕ぎはロングコースで。オトノリ3段目、ムササビスポットは良いコンデション。

20200627_kitayamagawakayak_miyake-100_r

国道169号でアクセスできるようになったものの、池原ダム下、きなりの里の手前から峠の迂回路を大きく回らねばならない。

週末は放水がされているが、道の駅の営業、名物の筏下りは翌週7月1日から。しかし、筏、ラフトの試験航行も始まっている。それでも、無用なインパクトを避けるため、道の駅、集落に一切立ち寄らず、オトノリで集合。テイクアウトは、立ち入り禁止が解けた田戸とした。

20200627_kitayamagawakayak_miyake-79_r

プットインは神護で。軽くサーフィンしてウォーミングアップして下り始める。
カヤックなので神護ホールも全く問題にならない。

20200627_kitayamagawakayak_miyake-81_r

20200627_kitayamagawakayak_miyake-88_r

20200627_kitayamagawakayak_miyake-94_r

オトノリの瀬は、特に変わったところはなく、右寄りの本流をほぼ電車道で下りる。

20200627_kitayamagawakayak_miyake-97_r

20200627_kitayamagawakayak_miyake-104_r

3段目のウエーブが、キレイに立ち上がっており、少し斜めになっているが、上手く行けば360スピンも可能。

20200627_kitayamagawakayak_miyake-112_r

上滝は、相変わらず浅く、SUPには少々厳しい。瀬の様子は特に変わっていない。

20200627_kitayamagawakayak_miyake-126_r

20200627_kitayamagawakayak_miyake-135_r

杓子は、ルートが不明瞭だが、カヤックなので、右のポワオーバーを構わず飛び越えた。

ムササビは、一段目がバックウォッシュが高く立ち上がり、なかなかグッドコンデション。しかし、直下が荒れていて岩がゴツゴツしているので、攻め過ぎて沈するとケガのリスクもある。2段目のホールは形が悪く、ほとんど何もできない。

20200627_kitayamagawakayak_miyake-142_r

20200627_kitayamagawakayak_miyake-139_r

小松から放水口までの間の浅瀬も、ストレスなく通過できる。今日の放水口は、緩い流れしか出ておらず、残念ながら後半も特に水量が増えるということは無かった。

下滝はすべての入口からコースが取れる。中段の最右のシーブにさえ行かなければ良い。

20200627_kitayamagawakayak_miyake-145_r

小和田はなかなかのウエーブが立っているが、捉まる程ではない。エディからエントリー出来ず、プレイしなかった。

20200627_kitayamagawakayak_miyake-148_r

20200627_kitayamagawakayak_miyake-151_r

ストレスない程々の水量と流速。ジェット船の営業はまだ再開されておらず、田戸の売店はもう無いので、とても静かで少し寂しい瀞峡だった。

20200627_kitayamagawakayak_miyake-147_r

20200627_kitayamagawakayak_miyake-154_r

 

【当日のデータ】
プットイン:神護
テイクアウト:田戸
水量:未記録(日足1.59m)
距離:11.8km
高低差:76m
ボート:プレイボート
グレード:3級
所要: 3.5時間

 

« 富田川アッパーセクションダウンリバー 2020.06.21 | トップページ | 安曇川ダウンリバー 2020.07.04 »

平水系」カテゴリの記事

熊野川系」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 富田川アッパーセクションダウンリバー 2020.06.21 | トップページ | 安曇川ダウンリバー 2020.07.04 »

ウェブページ

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ