« 保津川ダウンリバー 2020.01.04 | トップページ | 由良川カヤック 2020.01.13 »

由良川SUPダウンリバー 2020.01.11

SUP向きの水量。残念ながらグッドウエーブは無いが、ちょうど良い難度のホワイトウォーター。 和知ダム放流28t

82091141_997077660691999_378338541343185

 

久しぶりの由良川SUPは狙いすましたベスト水量。カヤックで立岩ホールのスポットには中途半端なコンディションだが、ダウンリバーには水深と瀬のメリハリがバランスよくある。

20200111_yuragawasup_miiyake-2_r

久々のホワイトウォーターSUPなので、立岩ホールまでの途上、エディキャッチやフェリーを繰り返し、感覚を取り戻す。

20200111_yuragawasup_miiyake-5_r

立岩の瀬は3段に続く長い瀬。ザラ瀬を抜けて、一段目のメインホールは、今日はほぼウエーブ。右岸に寄ればバックウォッシュが強く、SUPでは突破が難しい。しかも直下には岩々のドロップが待っている。今日のコンディションなら、左寄りルートの水深が十分で、ホールの左肩をかすめ、なめらかな本流を通って2段目まで下りられる。

20200111_yuragawasup_miiyake-8_r

残念ながら3段目の波は薄くサーフィンウエーブにはなっていない。クライミングのポイントである立岩を脇目に見ながら、ここからがダウンリバー本番となる。

20200111_yuragawasup_miiyake-10_r

20200111_yuragawasup_miiyake-17_r

20200111_yuragawasup_miiyake-21_r 

山家のつり橋を過ぎると、スタンディングウエーブが連なる長い瀬。前回は竹が流れに掛かってルートを塞いでいたが、今回は問題なく、ど真ん中を行ける。流勢が強く、流芯を逃すと強烈なボイル、エディラインに喰われてしまう。

20200111_yuragawasup_miiyake-28_r

これ以後は生コンまで大きな瀬はなく、マイクロウエーブをキャッチしたり、気ままにエディキャッチしながらのんびりと距離を消化していく。ヤナの瀬のウエーブはもう一つ形が悪くサーフィンは難しかった。

20200111_yuragawasup_miiyake-31_r

82103035_847546142369064_635987887917944

20200111_yuragawasup_miiyake-40_r

落水させられることが多い生コンの瀬は、この水量であれば、左寄りにキレイなルートができており、無難にクリア。結局この日は落水なしとなった。

20200111_yuragawasup_miiyake-42_r

20200111_yuragawasup_miiyake-45_r

朝は寒かったが日中は軽く10℃を上回る晴天で、しまもほとんど無風で、瀞場も苦も無く消化して平和に終了。

20200111_yuragawasup_miiyake-46_r

 

【当日のデータ】
水量:和知ダム放流28t
プットイン:綾部市下替地町北野
テイクアウト:綾部市下赤谷
所要時間:2時間
距離:7.6km
高低差:23m
ボート:STARBOARD INFLATABLE RIVER 9’6”
グレード:3級

 

« 保津川ダウンリバー 2020.01.04 | トップページ | 由良川カヤック 2020.01.13 »

平水系」カテゴリの記事

由良川」カテゴリの記事

リバーSUP」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 保津川ダウンリバー 2020.01.04 | トップページ | 由良川カヤック 2020.01.13 »

ウェブページ

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ