« 吉野川大歩危セクション 2019.09.28 | トップページ | 穴内川ダウンリバー 2019.10.05 »

祖谷川ミドルダウンリバー 2019.10.05 

これまでで一番多い水量。パワー、流速が増して難度は上がっている。狙ったルートを取るには相応の漕力が必要。祖谷川の全ての要素を凝縮したショートコース。 三縄1.13-1.07m

Pa050025_r

 

刻々と減っていく水位をにらみながら、現地に集合。低下スピードが遅くなり、意外にも前回よりも多めの水量。祖谷川アッパーからのロングコースにも心惹かれたが、穴内川との2本立てとして、祖谷川はミドルセクションのみ。

20191005_iyagawakayak_miyake-1_r

祖谷川キャンプ場に了解を頂きプットイン。3回目ということで、ここは馴染みの景色。水位は少し高め、水もやや濁っていることが分かる。プットイン地点は相変わらず浅いが、狭い川なのでこのくらいでも多いくらいだろう。

20191005_iyagawakayak_miyake-3_r

20191005_iyagawakayak_miyake-14_r

最初の大きな瀬はクランクになっていて、最後に大きなボワオーバーがある。水量次第ではそこに掴まってしまう。正解は左ベタで、それに向けてクランクを通過してこなければならないが、分かっていないとどうしても右寄りに降りてしまう。今回はうっかりそうなってしまった。

20191005_iyagawakayak_miyake-18_r

Pa050006_r

メインの瀬はこれを含めて4つ。どれも振り返ると見上げるような大きな落差だが、滝のような一発で落ちるものはなく、いくつものドロップが連続して重なり長い瀬になっている。カヤック向きではあるが、尖った岩が折り重なる険しい渓相で、クリークボートが必須。もちろんスイムはあり得ない。

20191005_iyagawakayak_miyake-23_r

20191005_iyagawakayak_miyake-26_r

水量が多いため、これまでよりも流れが強い。楽しんで下れるのはこのくらいまでだろうか。ドロップの一段目を降りると、二段目ドロップ急激に落ちているので慌てて左エディへ入る。ここで、後続がエディにフェリーしきれず落ちる事態が発生。先頭としての配慮が足りず反省。ルートは右で、長い瀬をホールを避けながら駆け下る。

20191005_iyagawakayak_miyake-31_r

瀬の形は変わっていなかったが、流木で完全に塞がれたルートがあり、進入したら大変なことになるだろう。できるところでは積極的にスカウティングすべき。

20191005_iyagawakayak_miyake-34_r

Pa050009_r

20191005_iyagawakayak_miyake-36_r

右岸に階段があるのが最後の大きな瀬。左エディへ入ってスカウティング。真ん中の切り立ったドロップを飛びたい衝動に駆られるが、上から見えなかった岩があり、行かなくて正解。ルートは右ベタで、真っ直ぐ長い瀬を下りる。

20191005_iyagawakayak_miyake-37_r

20191005_iyagawakayak_miyake-41_r

ここをクリアすると、流れが穏やかになって、三縄ダムのバックウォーターに出る。発電所が見えると、右岸の階段からテイクアウトして終了。

20191005_iyagawakayak_miyake-53_r

狭く深いゴルジュの圧迫感が、緊張を強いる。荒々しくも美しい渓谷に、清流が流れる国内屈指のクリーク。次回は、アッパーからロングコースを堪能したい。

 

【当日のデータ】
水量:三縄1.13-1.07m
プットイン:祖谷渓キャンプ場
テイクアウト:祖谷川地蔵
所要時間:1時間
距離:2.8km
高低差:50m
使用艇:クリークボート
グレード:4級

 

« 吉野川大歩危セクション 2019.09.28 | トップページ | 穴内川ダウンリバー 2019.10.05 »

増水系」カテゴリの記事

四国吉野川系」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 吉野川大歩危セクション 2019.09.28 | トップページ | 穴内川ダウンリバー 2019.10.05 »

ウェブページ

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ