« 吉野川(山崎ダム〜豊永)リバーSUP 2019.10.06 | トップページ | 蓮川アッパーダウンリバー 2019.10.14 »

天川ダウンリバー 2019.10.13

これまでよりも多い水量は、プレイボート天国だったこの川を、油断出来ないものに変えていた。 九尾ダム放流43-37t
20191013_tenkawakayak_miyake-43_r  

台風の通過を待っての3連休中日、上湯川に向かったもののアテが外れて水量不足。水位計が無く、上流下流のダムの放水流入量から類推したがダメ。今後は山の反対側の龍神の水量も参考にすべきか。

急ぎ十津川沿いの道を戻って天川へ。九尾ダムの放水量は、これまで下った水量よりまだまだ多いことを示している。猿谷ダムを通って下流側から天川に入ったため、最終盤の核心から見ることとなった。核心は行けるようにも見えたが、相当険悪なのは明白。テイクアウトはその手前までとした。

20191013_tenkawakayak_miyake-1_r

今回のコースであれば、これまでの経験では、ウエーブありホールありの、まさにプレイボート天国。それと今回も大して変わらないだろうと気軽にプレイボートを選択。しかし、漕ぎ出して程なく、流勢は見かけ以上であることに気付かされた。

20191013_tenkawakayak_miyake-3_r

水量が多い分、落差は埋まっている感じであるが、ホールはデカく、流れのパワーは強烈である。ボイルやエディラインに持っていかれないように、エッヂをコントロールしてボートを抑え込む。

20191013_tenkawakayak_miyake-4_r

20191013_tenkawakayak_miyake-8_r

20191013_tenkawakayak_miyake-11_r

20191013_tenkawakayak_miyake-14_r

絶好のプレイホール/ウエーブもあったが、見極めがつきにくい。ついつい安全性重視で、通るのはほとんどチキンルートとなる。

20191013_tenkawakayak_miyake-17_r

20191013_tenkawakayak_miyake-21_r

20191013_tenkawakayak_miyake-26_r

20191013_tenkawakayak_miyake-27_r

流速が非常に早く、フラットウオーターでも漕ぐ手を休めていても、みるみる流れていく。瀬の強度も見た目以上で、いくつもポワオーバーがあったが、なんとか捕まらずに全て躱してフィニッシュした。

20191013_tenkawakayak_miyake-32_r

20191013_tenkawakayak_miyake-34_r

20191013_tenkawakayak_miyake-58_r

 

【当日のデータ】
プットイン:上栃尾スロープ
テイクアウト:天川村大字広瀬天川広瀬橋下流右岸スロープ
水量:九尾ダム放流43-37t
距離:11.4km
高低差:134m
ボート:プレイボート
グレード:3.5級
所要: 2時間

 

« 吉野川(山崎ダム〜豊永)リバーSUP 2019.10.06 | トップページ | 蓮川アッパーダウンリバー 2019.10.14 »

増水系」カテゴリの記事

十津川系」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 吉野川(山崎ダム〜豊永)リバーSUP 2019.10.06 | トップページ | 蓮川アッパーダウンリバー 2019.10.14 »

ウェブページ

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ