« 古座川アッパーダウンリバー 2019.10.20 | トップページ | 周参見川ダウンリバー 2019.10.26 »

十津川支流舟ノ川(小原川)ダウンリバー 2019.10.22

十津川系屈指の傑作クリーク。序盤に1km以上にわたって、滝と言えるほどの落差がある大きなドロップがいくつもあって、これがコースの核心。それを過ぎるとクラス3の適度なドロップと快適なムービングウォーターがテイクアウトまで続く。

Pa221938_r

3年の間狙っていたという友人のお誘いを二つ返事で受け、向かった十津川支流舟ノ川。源流は天川と同じくハ経ヶ岳、プットインは五條市大塔、テイクアウトは十津川村内となる。水位計は無く、本流にある前後のダムの放流/流入量と降水量のみが手がかりだ。近くの上野地の累加雨量は47mm。但し、1日前にもこれ以上の累加雨量を記録していたので、それも加味しておくべき。今回がベスト水量と思われる。

20191022funenogawakayak_miyake-5_r

集落の直ぐ下流のポットホールを伴った狭いドロップがある大きな瀬を回避し、その下流でプットイン。地形図ではそこにあるはずだった堰堤は実際はない。しばらくは、あまり落差のない易しい瀬が続く。

Pa220652_r

20191022funenogawakayak_miyake-15_r

Pa220657_r

渓谷は深く狭い。この川の名前が、和船の断面のような谷の形から付けられたというのも納得。コース通じて、川から道路へのアクセスポイントは非常に少なく、いざという時の脱出は困難。安全のためには、メンバー、水量、装備、何にも妥協したくないところだ。

20191022funenogawakayak_miyake-20_r

Pa220662_r_20191023190001

20191022funenogawakayak_miyake-26_r

Pa220677_r

20191022funenogawakayak_miyake-31_r

プットインから1kmほど進んだところで、滝と言ってもいいくらいの大きなドロップが続けざまに現れるコース核心セクションに入る。

20191022funenogawakayak_miyake-34_r

20191022funenogawakayak_miyake-53_r

20191022funenogawakayak_miyake-105_r

見通しが利かない瀬に差し掛かる度に、上陸し入念にスカウティングする。

Pa220945_r

Pa220951_r

20191022funenogawakayak_miyake-129_r

20191022funenogawakayak_miyake-133_r

ほとんどの瀬はメインカレントを通れば良かったが、敢えて傍流を行くほうが安全なものもあった。ピンニングやシーブを避け、確実に先に進むためには、スカウティングが必須である。

20191022funenogawakayak_miyake-155_r

20191022funenogawakayak_miyake-161_r

Pa221012_r

Pa221223_r

ドロップのバリエーションは非常に豊 富。都度ルートファインディングに頭を悩ませた。核心セクションは、ビデオで観るグリーンリバーのような渓相。

Pa221404_r

20191022funenogawakayak_miyake-206_r

Pa221658_r

20191022funenogawakayak_miyake-207_r

Pa221938_r

Pa221987_r

20191022funenogawakayak_miyake-214_r

20191022funenogawakayak_miyake-220_r

20191022funenogawakayak_miyake-230_r

Pa222101_r

Pa222475_r

20191022funenogawakayak_miyake-245_r

2時間半かけて最初の2kmを消化。希少なアクセスポイントである橋まで来ると、核心セクションは終了。まだ距離的には1/5に満たないが、コースとしては半分過ぎたようなもの。

Pa222481_r

20191022funenogawakayak_miyake-252_r

コースの残り9.5kmだけでも、ダウンリバーコースとして十分愉しめるクリークだここまでの2kmと比べれば、1クラス以上易しい。

20191022funenogawakayak_miyake-256_r

Pa222488_r

20191022funenogawakayak_miyake-262_r

テクニカルかつ、そこそこパワーがあるドロップがいくつもの現れ、飽きさせられることはない。

Pa222528_r

20191022funenogawakayak_miyake-270_r

20191022funenogawakayak_miyake-273_r

20191022funenogawakayak_miyake-278_r

右岸に大規模な護岸工事現場が見えると、テイクアウトはもうすぐ。工事の影響で多少工作されたようなスロット状の瀬の最後に、川幅一杯のストッパーホールが待ち受ける。

Pa222534_r

20191022funenogawakayak_miyake-279_r

国道の大きな橋と夢の湯の施設が見えると、十津川合流。テイクアウトは合流最後の瀬の手前の整備された階段のある河原となる。以前、十津川本流を下った際に、プットインとしたことがあったが、ここの様子からは、上流にあんな瀬があると想像もできなかった。未知のクリーク、ここに挑戦する機会を与えて貰って感謝。

20191022funenogawakayak_miyake-282_r

Pa222536_r

Pa220092_r

 

[当日のデータ]
水量:(水位計無し、参考)猿谷ダム放流30t・風屋ダム流入126t上野地累加雨量47mm・前日までにも大雨あり。
プットイン:大塔町篠原集落手前支流付近
テイクアウト:夢の湯ふれあい交流館親水公園
距離:11.7km
高低差:263m
時間:3.5時間
グレード:4+級
使用艇:クリークボート

 

« 古座川アッパーダウンリバー 2019.10.20 | トップページ | 周参見川ダウンリバー 2019.10.26 »

増水系」カテゴリの記事

十津川系」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 古座川アッパーダウンリバー 2019.10.20 | トップページ | 周参見川ダウンリバー 2019.10.26 »

ウェブページ

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ