« 十津川支流舟ノ川(小原川)ダウンリバー 2019.10.22 | トップページ | 日置川ミドルセクションダウンリバー 2019.10.27 »

周参見川ダウンリバー 2019.10.26

道路から見えるところはただの小川、しかし、見えないところで滝とドロップが続く岩盤系スティープクリーク。 望児橋0.77m

Pa260052_r

先週の下見から記憶のあるうちに実現。水量も下見時と同じくらいだ。

20191026_susamigawakayak_miyake-1_r

20191026_susamigawakayak_miyake-4_r

雫の滝の見物ルートの階段を降り、滝の直下がプットインとなる。しばらく快適な瀬が続いて、大きな堰堤となる。

20191026_susamigawakayak_miyake-15_r

20191026_susamigawakayak_miyake-18_r

Pa260005_r

20191026_susamigawakayak_miyake-20_r

Pa260013_r

堰堤右岸に上陸してポーテージするが、降りるには落差があるので、ロープを使ってボートを降ろす。

20191026_susamigawakayak_miyake-23_r

20191026_susamigawakayak_miyake-24_r

20191026_susamigawakayak_miyake-26_r

20191026_susamigawakayak_miyake-31_r

堰堤直下から落差のある長い瀬がある。

20191026_susamigawakayak_miyake-33_r

20191026_susamigawakayak_miyake-35_r

ここの川の瀬の特徴は、大岩と、切り立った岩棚によるドロップ。一見堰堤と見えるような直線的なものが多い。それか、ザラ瀬である。

20191026_susamigawakayak_miyake-40_r

20191026_susamigawakayak_miyake-63_r

20191026_susamigawakayak_miyake-73_r

この水量では、ボトムを擦りながら下る所が多く、ドロップも気持ちよくブーフするのに少し水被りは足りない。あと10cmと云わずとも、5cmもアップすればかなり快適になるだろう。

20191026_susamigawakayak_miyake-77_r

20191026_susamigawakayak_miyake-79_r

Pa260042_r

堰堤は崩れたものもいくつかあったが、それらを除いて、最初にポーテージしたもの以外にルート中にあと2箇所。ひとつはいい感じのホールができている小規模なもの。もうひとつは長い魚道を降りるウォータースライダー。いずれもそのまま通過。

20191026_susamigawakayak_miyake-3_r

20191026_susamigawakayak_miyake-88_r

20191026_susamigawakayak_miyake-91_r

20191026_susamigawakayak_miyake-98_r

コース最大落差の瀬は5mの滝となっている。流れは左端の滝に集まっており、右岸側の岩棚から容易にスカウティングもポーテージできる。行けないことは無さそうだったが、途中岩が飛び出ており、ボトムを強打しそうな感じ。降れても痛い目には遭いたくないので今回はパス。岩棚からドライエントリーでコースに復帰した。

20191026_susamigawakayak_miyake-103_r

20191026_susamigawakayak_miyake-105_r

20191026_susamigawakayak_miyake-114_r

20191026_susamigawakayak_miyake-117_r

20191026_susamigawakayak_miyake-123_r

Pa260043_r

20191026_susamigawakayak_miyake-128_r

20191026_susamigawakayak_miyake-135_r

20191026_susamigawakayak_miyake-140_r

Pa260044_r

20191026_susamigawakayak_miyake-147_r

テイクアウト直前、流れが左右に別れていて、下流が見えず、相当落差がある予感がしてスカウティング。見ると、右の流れは大岩の間を抜けて複雑なシーブ。左の流れは落口が幅2mもない垂直に切り立った3m滝。ルートは滝の方。思い切って飛び込めば良い。

20191026_susamigawakayak_miyake-150_r

20191026_susamigawakayak_miyake-153_r

それを過ぎると、程なくテイクアウトのスロープが左岸に現れる。そのすぐ下は高い堰堤となので、コースはここで終わるのが頃合いだ。

20191026_susamigawakayak_miyake-165_r

20191026_susamigawakayak_miyake-166_r

【当日のデータ】
水量:望児橋0.77m
プットイン:雫の滝見物路
テイクアウト:曲里スロープ
距離:9.4km
高低差:251m
時間:3.5時間
グレード:クラス3.5
使用艇:クリークボート

 

 

« 十津川支流舟ノ川(小原川)ダウンリバー 2019.10.22 | トップページ | 日置川ミドルセクションダウンリバー 2019.10.27 »

増水系」カテゴリの記事

南紀の川」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 十津川支流舟ノ川(小原川)ダウンリバー 2019.10.22 | トップページ | 日置川ミドルセクションダウンリバー 2019.10.27 »

ウェブページ

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ