« 我が愛艇達 | トップページ | 貞光川アッパーセクション 2019.08.10 »

吉野川大歩危ダウンリバー 2019.08.03-04

ウエーブやホールが多くとてもプレイフル。瀬としては危険なほどの難度は無い。スポットを巡りつつビッグウオーターダウンリバーを2日間楽しんだ。 池田ダム流入65.5・69t、豊永0.66・0.76m

2019080304_yoshinoobokekayak_miyake-26_r

大歩危小歩危どちらでもいいという水量だったが、遊び応えを求め、大歩危を選択。珍しく2日間とも同じコースとなった。

2019080304_yoshinoobokekayak_miyake-47_r

両日共に狙いは的中。コースにはいいウエーブとホールが待ち受ける(どちらかというと初日の方が良かったが)。瀬は、プレイボートにはややキツ目だが、ルートは素直。ちょうど良いスリルを味わえる。

2019080304_yoshinoobokekayak_miyake-13_r

2019080304_yoshinoobokekayak_miyake-5_r

2019080304_yoshinoobokekayak_miyake-15_r

2019080304_yoshinoobokekayak_miyake-41_r

注意すべきはプットイン直後、豊永の中盤、左岸の崖崩れが更に拡大。下る直前にも落石があったため、十分距離を取って通過。崩落したコンクリの壁が堰堤状にストッパーとなっている。

2019080304_yoshinoobokekayak_miyake-2_r

2019080304_yoshinoobokekayak_miyake-4_r

スポットでは特に下名の2段のスタンディングウエーブが素晴らしかった。1日目は2段とも普通にエントリーでき、どちらかというと1段目が良い。2日目は、2段目のほうがエントリーしやすいものの真ん中で割れており、右サイドしかサーフィンできない(左に移動できない状態)。1段目は漕ぎ上がりし辛くエントリーが難しい状態だったが、岸の岩をほんの少し動かして、多少入りやすく改良。何ができるということもないが、高さがあるウエーブサーフィンを満喫した。

2019080304_yoshinoobokekayak_miyake-26_r

2019080304_yoshinoobokekayak_miyake-20_r

その他、数か所に散りばめられたスポットを楽しみ、最後まで飽きることなく、テイクアウトのまんなかに到着。

2019080304_yoshinoobokekayak_miyake-11_r

2019080304_yoshinoobokekayak_miyake-36_r

2019080304_yoshinoobokekayak_miyake-30_r

 

[当日のデータ]
水量
 8/3:池田ダム流入65.5t、豊永0.66m
 8/4:池田ダム流入69t、豊永0.76m
プットイン:豊永
テイクアウト:まんなか
距離:13.6km
高低差:58m
ボート:プレイボート
グレード:3級

 

« 我が愛艇達 | トップページ | 貞光川アッパーセクション 2019.08.10 »

増水系」カテゴリの記事

四国吉野川系」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 我が愛艇達 | トップページ | 貞光川アッパーセクション 2019.08.10 »

ウェブページ

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ