« 飛騨川支流小坂川 2019.08.17 | トップページ | 貴志川(達磨石渓谷下セクション)ダウンリバー 2019.08.24 »

吉田川ダウンリバー 2019.08.18

水量多めで非常にパワフル。堰堤4つを越えるのがかなり面倒だが、しっかりしたドロップが最後まで続く、価値あるエクストリーム。 旭0.77-0.75m 

20190818_yoshigadawakayka_miyake-86_r   

 

お盆休みを寸断し、長良川の鵜飼船に被害をもたらした台風の大雨の残り水が、まだ多めの水量をキープ。朝に小坂の泊地から移動して現地に入る。道の駅の親水公園からプットイン。しばらくは、このコースにしては易しい瀬が続く。

20190818_yoshigadawakayka_miyake-2_r

20190818_yoshigadawakayka_miyake-3_r

20190818_yoshigadawakayka_miyake-7_r

20190818_yoshigadawakayka_miyake-20_r

P8180101_r

20190818_yoshigadawakayka_miyake-25_r

20190818_yoshigadawakayka_miyake-29_r

ひとつ目にして最大の堰堤は、左岸から砂礫置場を通って高巻きし、堰堤本体の最高部に回り込む。ロープでボートを下ろし、黄色いハシゴで堰堤中段へ降りる。そこから魚道沿いに河原まで降りる。

20190818_yoshigadawakayka_miyake-32_r

20190818_yoshigadawakayka_miyake-33_r

20190818_yoshigadawakayka_miyake-41_r

20190818_yoshigadawakayka_miyake-42_r

20190818_yoshigadawakayka_miyake-35_r

20190818_yoshigadawakayka_miyake-38_r

P8180111_r

20190818_yoshigadawakayka_miyake-44_r

20190818_yoshigadawakayka_miyake-46_r

堰堤直下から瀬がある。再プットインする左岸側に幅の広いストッパーが待ち受ける。直ぐに流れの真ん中へフェリーし、その横をすり抜ける。

P8180118_r

そこからが核心部。狭いゴルジュに落差のあるドロップが次々現れる。

20190818_yoshigadawakayka_miyake-74_r

20190818_yoshigadawakayka_miyake-77_r

川幅全体が切り立って、見通しが全く効かないドロップが現れる。なんとか右岸なら上陸出来そうだったが、左がスムースになって下りているようなので、近づいていけば先も見えるだろうと思ったのが誤算。戻ることも出来ずに、そのままブラインドコーナーに突入。ルートとしてはそこが正解だったが、後半にバックウォッシュの具合の悪い所に入ってしまい、フリップさせられた。後続のメンバーは右岸からスカウティングし、精緻なルート取りを行って、5人中2人がクリーンに通過。もしもこのドロップを右に行けば、落ちた所に岩が入っていて、深刻なピンニングの恐れもあった。

20190818_yoshigadawakayka_miyake-103_r

20190818_yoshigadawakayka_miyake-105_r

20190818_yoshigadawakayka_miyake-106_r

20190818_yoshigadawakayka_miyake-108_r

20190818_yoshigadawakayka_miyake-109_r

最大のドロップを過ぎても、それに準じるサイズのドロップが続く。結構な勾配があるので、流速が早く、全ての瀬がハイパワーだ。

20190818_yoshigadawakayka_miyake-112_r

20190818_yoshigadawakayka_miyake-118_r 20190818_yoshigadawakayka_miyake-120_r

20190818_yoshigadawakayka_miyake-123_r

P8180130_r

20190818_yoshigadawakayka_miyake-130_r

20190818_yoshigadawakayka_miyake-148_r

20190818_yoshigadawakayka_miyake-152_r

20190818_yoshigadawakayka_miyake-158_r

続く瀬の間で、さらに堰堤を3つ越えなければならない。基本的には全て左岸からアプローチ。

20190818_yoshigadawakayka_miyake-160_r

20190818_yoshigadawakayka_miyake-165_r

20190818_yoshigadawakayka_miyake-172_r

20190818_yoshigadawakayka_miyake-181_r

そのまま下れる堰堤もあるが、それも水量次第だろう。面倒がらずにいちいち上陸して、注意深く判断した。

20190818_yoshigadawakayka_miyake-211_r

P8180138_r

20190818_yoshigadawakayka_miyake-213_r

テイクアウト直前まで、ドロップがテンポよく次々に現れる。大きな堰堤と核心を避けて、後半だけ下るという手もアリだろう。ひたすら心地良い区間である。

P8180139_r

20190818_yoshigadawakayka_miyake-217_r

20190818_yoshigadawakayka_miyake-223_r

5つ目の堰堤でテイクアウトとなる。右岸のコンクリ塀によるエディから上陸できる。

20190818_yoshigadawakayka_miyake-226_r

20190818_yoshigadawakayka_miyake-227_r

20190818_yoshigadawakayka_miyake-225_r

【当日のデータ】
水量:旭0.77-0.75m
プットイン:道の駅明宝
テイクアウト:郡上市八幡町初納公民館前
距離:10.8km
高低差:132m
所要時間:3時間
使用艇:クリークボート

 

« 飛騨川支流小坂川 2019.08.17 | トップページ | 貴志川(達磨石渓谷下セクション)ダウンリバー 2019.08.24 »

長良川系」カテゴリの記事

増水系」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 飛騨川支流小坂川 2019.08.17 | トップページ | 貴志川(達磨石渓谷下セクション)ダウンリバー 2019.08.24 »

ウェブページ

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ