« 引原川ダウンリバー 2019.08.16 | トップページ | 飛騨川支流小坂川 2019.08.17 »

飛騨川中山七里セクション 2019.08.17

パワフルなビッグウォーター。大きめのプレイボートが楽しいグッドコンディション。 上呂2.21, 下呂1.06, 中呂1.66m

20190817_nakayamashichirikayak_miyake-18

2本目の小坂川に時間を残すため、竹原川合流からドライブイン飛騨までのショートコースとしたが、それでも中山七里のオイシイところだけ楽しむことができる。

20190817_nakayamashichirikayak_miyake-1_

  20190817_nakayamashichirikayak_miyake-3_

ウォーミングアップ無しで波の高いパワフルな瀬に突入する。水量的には前回比でほんの少し少なく、実際に観測値通りであることが確認できたが、水が澄んでいる分、圧はさらに減殺されているように感じる。それでも、流速と落差、何よりも瀬の長さの違いでグレードとしては100t大歩危を凌駕する。

20190817_nakayamashichirikayak_miyake-5_

高い波によって先の見えづらい中を、キーバーホールを躱しながら漕ぎ下る。ウェーブやホールだけでなく、ボイルやエディラインも強力。ある程度フネのボリュームと長さがあることに有り難く感じる。

20190817_nakayamashichirikayak_miyake-6_

単発ではコース最大の鉄橋の瀬。大きなウェーブと巨大ホールが重なる。行けそうでもあるのは前回同様だったが、先は長いのでここで頑張らず左岸ベタのチキンルートを選択。

20190817_nakayamashichirikayak_miyake-7_

20190817_nakayamashichirikayak_miyake-9_

20190817_nakayamashichirikayak_miyake-11

20190817_nakayamashichirikayak_miyake-20

コース通して瀬が総じて長い。川幅が広く瀬の中で取れるエディは少ないが、その分、ルートの選択肢は多く、即興で自由なラインを描いていく。

20190817_nakayamashichirikayak_miyake-23

20190817_nakayamashichirikayak_miyake-34

P8170002_r

20190817_nakayamashichirikayak_miyake-35

時々、良型のウェーブやホールが現れるのでどうしてもプレイボートで下りたくなる。

20190817_nakayamashichirikayak_miyake-27

コース後半で少し瀬のサイズは落ち着いて来て、流れのフラットな区間もあるが、最後まで下って楽しい瀬が続いて、テイクアウトのドライブイン飛騨川に到達。

20190817_nakayamashichirikayak_miyake-39

20190817_nakayamashichirikayak_miyake-41

【当日のデータ】
水量:上呂2.21, 下呂1.06, 中呂1.66m
プットイン:竹原川合流
テイクアウト:ドライブイン飛騨川
所要時間:1.5時間
距離:6.9km
高低差:40m
グレード:3+級
使用艇:プレイボート

 

« 引原川ダウンリバー 2019.08.16 | トップページ | 飛騨川支流小坂川 2019.08.17 »

増水系」カテゴリの記事

飛騨川系」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 引原川ダウンリバー 2019.08.16 | トップページ | 飛騨川支流小坂川 2019.08.17 »

ウェブページ

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ