« 立川川&穴内川ダウンリバー 2019.06.30 | トップページ | 日置川(ミドル&ロアー)ダウンリバー 2019.07.07 »

芦廼瀬川&滝川(ロアー)ダウンリバー 2019.07.06

十津川系清流ソフトクリーク、価値ある2本立て。水量の基準になるグッドコンディション。癒やしと程良いスリルを愉しんだ。 風屋ダム放流124-118t、二津野ダム流入190-176、野尻0.72,上野地3.50m

66503373_653724118463060_451453960056314

 

芦廼瀬川

 

先月からの訪問3度目にして、20年以上ぶりのダウンリバーが実現。巨大な大泰の滝の下流にある吊橋から入川。

20190606_ashinosegawakayak_miyake-1_r

水量落ち目ということもあって、水は既に澄んでいる。

20190606_ashinosegawakayak_miyake-17_r

ボトムを擦りながら下る浅い瀬もあるが、岩盤質のドロップは水が集まってパワーがある。

20190606_ashinosegawakayak_miyake-22_r

20190606_ashinosegawakayak_miyake-29_r

20190606_ashinosegawakayak_miyake-44_r

核心のドロップは、一見複雑そうだが、念のためスカウティングしてみると、どこを通っても良いような素直な流れ。

20190606_ashinosegawakayak_miyake-65_r

十津川第1発電所は、特にこちら側に放水施設など無いようで、コースに影響は無い(発電所より上流にもテイクアウト好地点あり)。

20190606_ashinosegawakayak_miyake-84_r

川沿いの国道425号から国道168に繋がるジャンクションは、川を跨いで美しいループを描く大規模なものだ(ここで上がっても良いが、長い階段で苦労するそう)。

20190606_ashinosegawakayak_miyake-86_r

20190606_ashinosegawakayak_miyake-81_r

ジャンクションを過ぎて再びゴルジュ帯に入る。景観は素晴らしいが、大きな瀬がある訳でもない。程なく十津川に合流、2.5kmほどを大河に揺られて、テイクアウトの折立のスロープに到達。

20190606_ashinosegawakayak_miyake-89_r

 

滝川

 

前回よりも15〜20cmほど水位高めのグッドコンディション。テンポ良く、程良い難度のドロップが現れる癒やし系クリーク。

66134565_2396525213739585_16796448691752

過日下見した堰堤上のアッパーセクションを下る気にはなれず、心地良さだけを求めて2度目のロアー。

20190606_takikawakayak_miyake-7_r

前回よりも水量があるお陰で、ルートは広く、迫力もアップしている。立て続けに現れるドロップを小気味良いテンポで処理する。

20190606_takikawakayak_miyake-16_r

ドロップが集中するプットインから送水管までの区間がコースの核心部である。水は透明み澄み切って、まことに心地良い。

65879832_2292548517740187_14644585980997

20190606_takikawakayak_miyake-19_r

20190606_takikawakayak_miyake-28_r

20190606_takikawakayak_miyake-30_r

栗平川の濁った流れが合わさると清流はおしまい。滝川集落から国道を過ぎるまでフラットな区間となる。前回はボトムを擦りながら、手とパドルで進むようなギリギリの深さだったが、今回はそうした事も無く、浅瀬もサクサクと進む。

20190606_takikawakayak_miyake-32_r

20190606_takikawakayak_miyake-38_r

国道の橋を過ぎて最後のゴルジュ帯は、今回の水量だと、なかなかのパワーで楽しい。

 

20190606_takikawakayak_miyake-42_r

20190606_takikawakayak_miyake-46_r

ゲート放流中の風屋ダム直下の十津川に合流し、程なくテイクアウト。

20190606_takikawakayak_miyake-50_r

芦廼瀬川は、まだまだ水量アップしても余裕あり。滝川は、あと30cmアップ位だと非常にスリリングになりそう。どちらも単体でももちろん素晴らしいが、セットで下れることが価値を高めている。

 

【当日のデータ】
水量:風屋ダム放流124-118t、二津野ダム流入190-176、野尻0.72,上野地3.50m
芦廼瀬川
プットイン:大野出会橋
テイクアウト:十津川本流左岸折立集落上流スロープ
距離:6.3km
高低差:89m
時間:1時間
グレード:クラス3
使用艇:プレイボート
滝川
プットイン:奥里ダム下流100m左岸入川口
テイクアウト:風屋大橋下流200m右岸スロープ(二村小学校跡対岸)
距離:7.2km
高低差:107m
時間:1時間
グレード:クラス3
使用艇:クリークボート

 

« 立川川&穴内川ダウンリバー 2019.06.30 | トップページ | 日置川(ミドル&ロアー)ダウンリバー 2019.07.07 »

増水系」カテゴリの記事

十津川系」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 立川川&穴内川ダウンリバー 2019.06.30 | トップページ | 日置川(ミドル&ロアー)ダウンリバー 2019.07.07 »

ウェブページ

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ