« 芦廼瀬川&滝川(ロアー)ダウンリバー 2019.07.06 | トップページ | 那賀川アッパー北川セクション 2019.07.13 »

日置川(ミドル&ロアー)ダウンリバー 2019.07.07

水量は一気に下降線。安定の日高川ではなく、ハズレ覚悟でこちらを選んで大正解。ミドルはクリークの様相、ロアーは大歩危の様なビッグウォーターだ。 殿山ダム流入38t

20190607_hikigawakayak_miyake-75_r

十津川系支流から移動して、前夜は中辺路で泊。一応、日置川をメインに据えていたが、水量次第では日高も視野にしていたのだが、ネットで日置川15tの漕行記録を見て日置川を決断。ミドルセクションの川沿いの県道は昨年以来通行止め(9月末まで)。県道に入って程なくの通行止めゲート付近に格好のプットインを見つける。

P7070213_r

通行止めを迂回するため、長い回送となる。プラス20-30分ほどでミドルのテイクアウト付近に到着したが、もう少し距離を取るため、つなぎセクションから安川合流、ロアーセクションと上陸地点を探して進み、結局ロアーのテイクアウトに到達。仕方がないのでここに車をデポし、プットインに戻った。

65954031_1286794594828125_48045368704258

今回のプットインからミドルのプットインまでは、およそ1.5kmほど。流れと瀬はあるが、特に大きなものは無かった。その間に大規模な落石で県道が塞がれており、ここが通行止めの原因らしい。

20190607_hikigawakayak_miyake-7_r

20190607_hikigawakayak_miyake-8_r

ミドルのプットインを過ぎると、瀬はレベルアップしてクリークの様相とな。落差のあるドロップが続く。侵食されやすい岩質で、流れによって丸く削られ、そこらじゅうにアンダーカットもある。ここは舐めずにクリーク艇にして良かったと心から思った。

20190607_hikigawakayak_miyake-12_r

20190607_hikigawakayak_miyake-14_r

20190607_hikigawakayak_miyake-17_r

いつもと水量が違うため、どの辺りを進んでいるのか、あと幾つドロップを過ぎると核心になるのか、見当がつかない。

P7070229_r

20190607_hikigawakayak_miyake-42_r

20190607_hikigawakayak_miyake-45_r

20190607_hikigawakayak_miyake-58_r

ようやく、巨岩に挟まれた狭く特徴的なドロップが現れる。ここが核心部の門。これを抜け、一旦左岸に上陸してスカウティングする。

20190607_hikigawakayak_miyake-60_r

20190607_hikigawakayak_miyake-62_r

核心上段の堰堤崩れのドロップは、正面突破は険悪過ぎる。ポーテージも考えたが、最も右の細い傍流のドロップなら問題なく降りられると判断。

66129564_3142305492461317_10123012387939

P7070237_r

続く核心下段のドロップは問題なく降下。

20190607_hikigawakayak_miyake-78_r

核心を過ぎてほどなくでミドルのテイクアウト。この辺りから流れは一旦フラットになる。

20190607_hikigawakayak_miyake-80_r

ミドル、ロアーのつなぎのセクションもちゃんとゴルジュ帯になっていて、ミドルほどではない(のでプレイボートやSUPでも楽しめそうだ)が、面白い瀬が続く。

20190607_hikigawakayak_miyake-81_r

20190607_hikigawakayak_miyake-83_r

安川が合流してロアーセクションに入る。青少年旅行村を過ぎると、大きなゴルジュに突入し、瀬も本格化する。

20190607_hikigawakayak_miyake-86_r

20190607_hikigawakayak_miyake-90_r

100t超えの時に巨大ポワオーバーがあるいくつかの瀬は、ドロップになっている。

20190607_hikigawakayak_miyake-89_r

ロアー最大ドロップは、左ルートがキーパーが強く捉まり易かった。真ん中を抜けるのが正解。

20190607_hikigawakayak_miyake-92_r

ロアーセクションは、ミドル、つなぎとは岩質や渓相が変わり、大歩危の様なビッグウォーター。支流が集まって水量が増し、ルートも広がるので、プレイボートでも問題ないだろう。

P7070256_r

20190607_hikigawakayak_miyake-102_r

殿山ダムのバックウォーター手前のいつものロアーのテイクアウトで終了。ロングコースを無事消化した。

20190607_hikigawakayak_miyake-99_r

40tクラスのミドル、ロアー日置川。100t超えのビッグウォーターとは違った面白さで、これも大アリ。南紀の選択肢が増えた。

 

【当日のデータ】
水量:殿山ダム流入38t
プットイン:大畑谷川合流大谷畑橋下流入川道
テイクアウト:春日橋
距離:18km
高低差:191m
時間:3.5時間
グレード:クラス3
使用艇:クリークボート

 

« 芦廼瀬川&滝川(ロアー)ダウンリバー 2019.07.06 | トップページ | 那賀川アッパー北川セクション 2019.07.13 »

増水系」カテゴリの記事

日置川系」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 芦廼瀬川&滝川(ロアー)ダウンリバー 2019.07.06 | トップページ | 那賀川アッパー北川セクション 2019.07.13 »

ウェブページ

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ