« 滝川(十津川支流) 2019.06.01 | トップページ | 日高川(鳴滝セクション) 2019.06.09 »

北山川ダウンリバー(神護〜田戸) 2019.06.02

シーズン初のキタヤマはカヤックで。SUP目線でコースチェック。水量によってはウエーブスポットがオトノリ三段目に出現。 観光放流+小森ダム放流11t

20190602_kitayamagawakayak_miyake-6_r

 

 

すっかり定番となった神護プットイン。珍しく筏の第1便が出航する前に下り始める。

20190602_kitayamagawakayak_miyake-2_r

20190602_kitayamagawakayak_miyake-8_r

オトノリの一段目、センターのホールはキツくなったようで、かと言って右にも左にも逃げられず、中央突破しかない(SUP想定)。

20190602_kitayamagawakayak_miyake-9_r

二段目はあっさり真っ直ぐに変わって問題ないようで、そのまま三段目に下りる。期待していなかった三段目にプレイウエーブが出来ている(前日は無かったようで、微妙な水量の違い?)。

20190602_kitayamagawakayak_miyake-10_r

瀬を1つ挟んで、ダムのバックウォーターのような水質の瀞場を漕ぎ抜け上滝。ドロップのアプローチは問題なさそうだが、中程で左岸に押し付けられる水流が強い(SUPにはキビシイか)。

20190602_kitayamagawakayak_miyake-13_r

カヤッカーにはお楽しみのムササビ。右岸のビーチが無くなり、流れが右に寄り過ぎ、凹凸のある岩盤を流れている。一段目は形の良いウエーブホールではあるが、半分がそこに掛かっていて、一段目で遊ぶのは危ない。二段目も半分がドロップ状になっていて、総じて昨年よりも出来が悪く、スポットとしては残念ながら不成立。

20190602_kitayamagawakayak_miyake-16_r

小松の手前のMウエーブも復活成らずというよりも、ますます薄くなっている。

20190602_kitayamagawakayak_miyake-18_r

小松を過ぎ、放水口からの水は今日はほとんど無い。ここから下流は筏の影響無く、特に変わっていない。下滝は上段、中段と真ん中ルートでクリア。中段スロットにバックウォッシュなく、あっさりしたものだ。

20190602_kitayamagawakayak_miyake-14_r     

小和田は、落差はあるがバックウォッシュは やや控え目。SUPには相変わらずの難所だが、落水しても多少沈められるくらいなので、挑戦して問題ない。この水量ではウエーブスポットにはなっていない。

20190602_kitayamagawakayak_miyake-19_r

テイクアウトの田戸。名物の露店が後継者居らず廃業。賑わいが失われてテントだけ残っている。相変わらずの長い階段を登って終了。

20190602_kitayamagawakayak_miyake-22_r

今期はカヤックでは下り応えが足りず、SUPには難しいコンディションとなったようだ。シーズン中も少しずつ変わるので、今後の変化に期待。

 

【当日のデータ】
プットイン:神護
テイクアウト:田戸
水量:観光放流+小森ダム放流11t
距離:11.8km
高低差:76m
ボート:プレイボート
グレード:3級
所要: 3時間

 

« 滝川(十津川支流) 2019.06.01 | トップページ | 日高川(鳴滝セクション) 2019.06.09 »

平水系」カテゴリの記事

熊野川系」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 滝川(十津川支流) 2019.06.01 | トップページ | 日高川(鳴滝セクション) 2019.06.09 »

ウェブページ

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ