« 保津川ダウンリバー 2019.04.06 | トップページ | 由良川ダウンリバー 2019.04.14 »

宇治川リバーSUP 2019.04.07

ちょうど満開で迎えた恒例のお花見ダウンリバー。ツーリングに相応しい快適な流れ。天ケ瀬ダム放流56-58t 宇治0.97mDscf1958_r

 平等院辺りの桜はちょうど満開になったばかり。水量は多くはないが、十分に流れも水深もある。

Dscf1972_r

 

花見客と観光客でごった返す前の8時に集合して、9時過ぎには漕ぎ出す。この時間であれば迂回しなくてもスムーズにプットインまでの回送を完了できる。

Dscf1912_r

Dscf1919_r

 

宇治川ラインはダム下からの短い距離しか残されていないが、渓谷の雰囲気があり、流れも速い。

Dscf1923_r

 

宇治川ラインを抜けると、塔ノ島の少し上流に右岸から架設橋を掛けて大掛かりな工事中。

Dscf1938_r

 

工事現場を過ぎて、塔ノ島の先端に難なく上陸できる。ここで一旦上がって、恒例の抹茶ソフトを頂く。

Dscf1939_r

Dscf1943_r

 

今日は右岸の放水口からの流入が盛大だった。その辺りは、右岸寄りが深く真ん中は浅い。以前から流れは随分変わっている。

Dscf1948_r

 

宇治橋は左側ではなく、右寄りのの真ん中がきれいに抜けていて安全にクリアできる。

Dscf1967_r

 

ここで観光モードは終わり、郊外の住宅地の中を通っていくが、それなりに心地よいクラス2の瀬が現れるので、飽きることはない。

Dscf1981_r

 

瀞場でも水は動いていて、風もほとんど無かったので楽に進み、あっという間に観月橋を通過。ここから流れが遅くなるので、向かい風が吹くとつらいところだが、幸い微風のまま歴史的な近鉄の鉄橋、閘門を過ぎテイクアウトに至る。

Dscf1979_r

Dscf1986_r

 

気温は20℃を超え風は微風。ドライスーツの必要の無い暖かさの桜満開ツーリングとなった。

Dscf6176_r

【当日のデータ】
水量:天ケ瀬ダム放流56-58t 宇治0.97m
プットイン:天ケ瀬ダム下右岸志津川合流
テイクアウト:右岸新高瀬川合流京大防災研究所前
距離:11km
所要時間:3時間
ボート:インフレータブルSUP(STARBOARD INFLATABLE RIVER 10'11")
グレード:1-2級

 

« 保津川ダウンリバー 2019.04.06 | トップページ | 由良川ダウンリバー 2019.04.14 »

宇治・瀬田川」カテゴリの記事

平水系」カテゴリの記事

リバーSUP」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 保津川ダウンリバー 2019.04.06 | トップページ | 由良川ダウンリバー 2019.04.14 »

ウェブページ

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ