« 飛騨川中山七里ダウンリバー 2018.09.16 | トップページ | 馬瀬川ダウンリバー 2018.09.17 »

川上川ダウンリバー 2018.09.17

清流とお手頃で爽快な滝。心地よい小川のクリーク。核心のスロットを除けばフレンドリー。冬頭町-0.82m
S__1_20180920_1207

馬瀬川から分水嶺を越えて、神通川の支流宮川の支流となる。宿営地を探してたまたま遭遇。道路沿いから幾つかの良型のドロップが見える。情報はないが、メンバーに恵まれた状態でここに来る機会はなかなかないので決行。
S_20180917_kakamigawakayak_miyake_1

プットインはトンネルの上流側、見る範囲は小川そのものだが、浅瀬を進んでいくと落差が出始める。
S_20180917_kakamigawakayak_miyake_9

トンネルの県道を離れて川沿いに道があり、川は僅かに深さのあるゴルジュに入る。
S_20180917_kakamigawakayak_miyake_3

四村核心をスケールダウンしたような、岩盤の裂け目にできたスロットが現れる。コース最大の瀬で、グレードが高いが、スカウティングもポーテージも可能。
S_20180917_kakamigawakayak_miyake_4

S_20180917_kakamigawakayak_miyake_5

S_20180917_kakamigawakayak_miyake_6

そのあと別荘地の辺りにもドロップ。蕎麦屋辺りに滝がある。


S__2_20180920_1208

S_20180917_kakamigawakayak_miyake_7

コース中、3つほど滝が点在するが、どれも3mを超えない。滝壺も深く、手頃なサイズだ。雨樋のようなスロットの先に真っ直ぐに切り立った滝。そして十分に深い滝壷という理想的なものもあって、リラックスしてトライ出来る。
S_20180917_kakamigawakayak_miyake_8

S_p9170360

一番大きなものが平滝。幅広いがほとんどの部分が水が薄すぎる。一番深い右岸ベタを飛ぶ。
S_20180917_kakamigawakayak_miyak_10

S_p9170331

川が広がり、砕石場を過ぎた所がテイクアウト。左岸の護岸に階段がある。テイクアウト直下に堰堤がある。釣りにもいいロケーションのようだが、この日は釣り人に遭遇しなかった。
S_p9170323

【当日のデータ】
水量:冬頭町-0.82m
プットイン:大倉トンネル上流側
テイクアウト:砕石場下流
所要時間:1.5時間
距離:4km
高低差:91m
グレード:3級

« 飛騨川中山七里ダウンリバー 2018.09.16 | トップページ | 馬瀬川ダウンリバー 2018.09.17 »

増水系」カテゴリの記事

岐阜の川」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1140581/74237483

この記事へのトラックバック一覧です: 川上川ダウンリバー 2018.09.17:

« 飛騨川中山七里ダウンリバー 2018.09.16 | トップページ | 馬瀬川ダウンリバー 2018.09.17 »

ウェブページ

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ