« 日置川(アッパーセクション)ダウンリバー 2018.09.08 | トップページ | 小坂川ダウンリバー 2018.09.15 »

四村川カヤックダウンリバー 2018.09.09

関西クラシックのスティープクリーク。台風の爪痕生々しく、ログ注意で慎重を要する。
S_20180909_yomuragawakayak_hayashi_

水量の確たる指標は無いが、山の反対側になる日置川がひとつの目安となるだろう。日置川アッパーを下ったその日に四村もと考えていたが、日置アッパーと同じく久々であり、台風後、最初のグループになるだろうことから、慎重を期して翌日に持ち越す。
S_20180909_yomuragawakayak_hayash_2

S_20180909_yomuragawakayak_miyale_2

水量は下降傾向、しかし前夜にも続いた雨で現象は緩やか抑えられており、思惑通りのコンディションとなった。プットイン、テイクアウトはザラ瀬しか見えないが、見えない核心部は岩盤系なので地表に現れる水量は多くなる。プットインからしばらく続くザラ瀬を進むと、岩盤のドロップが2つ続けて現れる。
S_20180909_yomuragawakayak_hayash_5

S_20180909_yomuragawakayak_miyale_1

S_20180909_yomuragawakayak_miyale_9

前半ハイライトの岩盤ドロップを過ぎると、再びフラットな里川風の渓相となるが、さらに進んでいくと、両岸の景色が変わって、倒木と激しく崩落した地崩れ地帯となる。下水が直接入っているのか、臭気が一帯に漂っている。
S_20180909_yomuragawakayak_miyale_3

崩落地帯の直下から核心部の長い岩盤地帯が始まる。
S_20180909_yomuragawakayak_miyale_5

核心部が始まって2つ目にある岩を掘った溝のような狭く長いスロット。ルートは真っ直ぐ素直だが、ボートが横を向くと橋渡しになってしまうほどの危険な狭さだ。スロットの出口に、ログが一本橋のように入っている。この日の水量では余裕をもってログの右側に回り込んで通過できたが、それも水量次第。多いと流れが真っ直ぐログにぶつかることもあるだろう。手前で上陸してスカウティングもポーテージも可能だ。
S_20180909_yomuragawakayak_hayash_6

S_20180909_yomuragawakayak_miyale_6

更に進むと再びよく似たスロットが現れる。入口に流木が引っ掛かっているがルートに絡んでおらず問題ない。しかし問題はその下の幅3mほどしかないドロップ。根が付いたログが斜めに突き刺ささり、右側のアンダーカット以外のルートを塞いでいる。スロットを降りてすぐ左岸のマイクロエディに取り付けば上陸・ポーテージは可能だが、そのまま行ってしまうと危険だ。ここもスロット入口から通してスカウティングが可能である。

S_20180909_yomuragawakayak_miyale_7

S_20180909_yomuragawakayak_miyale_8


S_20180909_yomuragawakayak_hayash_7

ドロップに突き刺さったログを避け、左岸からドライエントリーして再スタート。この先、短いフラットな区間を挟んでさらに岩盤ドロップがまだまだ続く。

S_20180909_yomuragawakayak_hayash_8

S_20180909_yomuragawakayak_hayash_9

核心部は、日置アッパー同様に深い谷間に閉じ込められた地の底のような空間だが、左岸側の森を抜け斜面を上がると川沿いの県道に出られるので、多少は気が楽である。
S_20180909_yomuragawakayak_miyal_10

S_20180909_yomuragawakayak_miyal_11

大岩と岩盤のドロップは、時に逃げ場のない幅一杯のストッパーを形成し、パドラーを餌食にするが、この日は水量が若干やや多めということもあり、ストッパーも全て流れが抜けており、クリーク艇が捉まるようなところは無かった。
S_20180909_yomuragawakayak_miyal_12

S_20180909_yomuragawakayak_miyal_13

渓相が再びフラットになり、真っ直ぐに水面に落下する滝で水浴びしたりしながら、里川風の穏やかな流れを1kmほど進み、テイクアウトに到達する。
S_20180909_yomuragawakayak_hayas_10

見通しの効かない瀬も、早めに判断すれば上陸できるだけの十分な足場がある。台風直後の今回は、ログの心配があったので頻繁にスカウティングした。川岸に外れかけの流木や崩れそうな斜面が多く、今後の動向にも十分注意が必要である

【当日のデータ】
水量:指標無し(殿山ダム流入67t)
プットイン:武住トンネル上流スロープ
テイクアウト:皆地集落内左岸スロープ
所要時間:2時間
距離:6.8km
高低差:104m
グレード:3+級

« 日置川(アッパーセクション)ダウンリバー 2018.09.08 | トップページ | 小坂川ダウンリバー 2018.09.15 »

増水系」カテゴリの記事

熊野川系」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1140581/74188475

この記事へのトラックバック一覧です: 四村川カヤックダウンリバー 2018.09.09:

« 日置川(アッパーセクション)ダウンリバー 2018.09.08 | トップページ | 小坂川ダウンリバー 2018.09.15 »

ウェブページ

2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ