« 手取川(手取峡セクション)ダウンリバー 2018.09.02 | トップページ | 四村川カヤックダウンリバー 2018.09.09 »

日置川(アッパーセクション)ダウンリバー 2018.09.08

瀬の数、間隔、適度な難度、景色、どれを取っても素晴らしいクリーク。トラブル時の脱出の難しさ、大きくポーテージする堰堤があるため、グレードを高く見積もる必要あり。
殿山ダム流入132-119t
S_p9080194

8年ぶりの記憶を手繰ってプットインに到着し、支流の東ノ川から入水。程なく広美川と合流し日置川となるため、プットイン周辺の水量は少なくてよい。
S_20180908_hikigawaupperkayak_hayas

S_1536492157763

そこからアイリスパークまでは、ずっと長いゴルジュ帯の中である。道路から離れ、人の営みから遠ざかった所で、数え切れないほど蛇行を繰り返す狭い峡谷の川。
S_dscf958320180908_upperhikigawakay

S_20180908_hikigawaupperkayak_hay_2

数えきれない数のクラス3の瀬を連続させて、コンスタントに高度を下げていく。
S_20180908_hikigawaupperkayak_hay_3

S_dscf958320180908_upperhikigawak_2

大きな勢力で関西を縦断した台風21号の後、はじめて下るグループになるだろう。ルートを塞ぐ新たなログや岩に警戒しながら進む。
S_dscf958320180908_upperhikigawak_3

落差がある岩絡みの瀬だが、極端なドロップは無いので、スキルが伴っていればダウンリバーボートも選択肢と成りうる。
S_dscf958320180908_upperhikigawak_4

核心が始まってすぐに現れる狭い真っ直ぐなスロット。その出口に一本ログが橋渡しになっている。この日は水中に沈んでいる右岸側を回って通過できた。水量が多いと流れが真っ直ぐにログに当たる可能性があり、要注意である。
S_20180908_hikigawaupperkayak_hay_4

S_20180908_hikigawaupperkayak_hay_5

後半の始めに現れる二連堰堤は、凹字型で、両岸のコンクリ壁がその存在を示しており、発見は難しくない。垂直に高く切り立って、底にはキツいハイドローリックが渦巻いていて下降するという選択はない。
S_p9080247

筐体左岸に細い通路があり、以前はそこを通れたが、今は崩落しており通行できない。左岸の森に入って大きく高巻き。人の踏み跡があって、トレースすれば二つ目の堰堤の下に出られる。蒸し暑く、湿った森の斜面を進むポーテージ。ヒルも多く、まさに苦行。直下の橋の袂から再び入水する。
S_20180908_hikigawaupperkayak_hay_6

堰堤下にまとまった瀬があり、さらにもうひとつの堰堤が現れる。こちらは魚道がある右岸側にコンクリの高い筐体があり、直接上陸してポーテージできる。ここは水量によっては魚道をそのまま通過できるが、この日はログが引っ掛かっており、大人しく担ぐ選択をした。
S_dscf958320180908_upperhikigawak_5

S_dscf958320180908_upperhikigawak_6

S_dscf958320180908_upperhikigawak_7

S_p9080315

二つ目の堰堤を過ぎ、しばらく行くと右岸にアイリスパークのキャンプサイトが現れる。以前のテイクアウトはここまで。しかし今回はまだ先かある。アイリスパークからゴルジュを抜け、渓相は一旦開ける。しかし、浅瀬を進と再びゴルジュに入る。
S_20180908_hikigawaupperkayak_hay_7

アイリスパークから延びている遊歩道が付いた狭いゴルジュに、スロット状の瀬が現れる。難度的にはボイルがキツい以外は何てことはないが、テイクアウトを延ばす価値のある面白い瀬だ。
S_p9080335

短いゴルジュを抜けると間もなくテイクアウト。アッパーのテイクアウトから少し下流からミドルセクションか始まる。日置川の流れはまた深いゴルジュに入っていく。
S_20180908_hikigawaupperkayak_hay_8

雨量と下流の殿山ダムの流入がここの判断材料となるが、ダムまで遠く、時間差も考慮する必要がある。今回はベスト水量を上手く引き当てたようだ。
S_dscf958320180908_upperhikigawak_9

【当日のデータ】
水量:殿山ダム流入132-119t
プットイン:東ノ川橋上流
テイクアウト:近露大橋左岸
所要時間:3.5時間
距離:14.9km
高低差:229m
グレード:3+級

« 手取川(手取峡セクション)ダウンリバー 2018.09.02 | トップページ | 四村川カヤックダウンリバー 2018.09.09 »

増水系」カテゴリの記事

日置川系」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1140581/74188456

この記事へのトラックバック一覧です: 日置川(アッパーセクション)ダウンリバー 2018.09.08:

« 手取川(手取峡セクション)ダウンリバー 2018.09.02 | トップページ | 四村川カヤックダウンリバー 2018.09.09 »

ウェブページ

2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ