« 手取川(バードハミング~天狗橋)ダウンリバー 2018.09.01 | トップページ | 日置川(アッパーセクション)ダウンリバー 2018.09.08 »

手取川(手取峡セクション)ダウンリバー 2018.09.02

前日のエクストリームとはうって変わり、切り立った崖の谷底に、頭上から降り注ぐ無数の滝。絶景を楽しむためのダウンリバー。
中島-1.01m
S_20180902_tedorigawaupperkayak_miy

前日に増水をやり過ごして、一般的にベストと言われる水量まで下がる。あらかじめ前日に見つけておいたテイクアウトに車をデポし、プットインへ。
S_20180902_tedorigawaupperkayak_m_2

S_20180902_tedorigawaupperkayak_m_3

対山橋のプットインは、以前は橋の下流右岸の崖に設えられた階段からだったが、行ってみると、橋の上流の堰堤脇左岸に、集落から下りる道が整備されており、河原まで楽にアクセスできるようになっている。
S_20180902_tedorigawaupperkayak_m_4

S_20180902_tedorigawaupperkayak_m_5

両岸切り立った狭く深い崖の底を流れる。頭上から滝が降り注ぐ幻想的な空間が6km以上にわたって続いている。
S_20180902_tedorigawaupperkayak_m_6

S_20180902_tedorigawaupperkayak_m_7

このセクションは総じて浅い落差のないドロップが続く。プットインして程なく、ログが絡んだ岩もあったが、この日はルートは十分に確保できていて問題なかった。
S_20180902_tedorigawaupperkayak_m_8

S_20180902__18

S_20180902_tedorigawaupperkayak_m_9

S_20180902_tedorigawaupperkayak__10

後半で現れる綿が滝が、この川の無数の滝の中でも、形・水量共に際立っている。
S_20180902_tedorigawaupperkayak__11

S_20180902_tedorigawaupperkayak__12

綿が滝の前後には、流れを遮るように大岩が配された瀬がある。この日は問題なかったが、水量や今後の変化で最悪の場所になる可能性も考えられる(昔の川地図にクラス6とあるが、この15年ほどはクラス3以下に収まっている)。
S_20180902_tedorigawaupperkayak__13

瀬の密度が低くなるのを更に進むと、右岸にコンクリの階段と草に埋もれかかったスロープが現れる。そこが下船場として整備されたテイクアウト地点。
S_20180902__49

手取峡は更に続き、1kmくらい下流の黄門橋、その先の堰堤があるが、上陸は困難。堰堤も左岸から巻けるそうだが、足場が悪そうなので、ここで終わるのが順当だろう。

百万貫岩のセクションはトライせず、これで終了した。

【当日のデータ】
水量:中島-1.01, 鶴来-2.68m
プットイン:対山橋上流左岸堰堤下(白山市河原山集落内)
テイクアウト:下船場(白山市下吉谷町庚)
所要時間:1時間
距離:6.6km
高低差:85m
グレード:3級

« 手取川(バードハミング~天狗橋)ダウンリバー 2018.09.01 | トップページ | 日置川(アッパーセクション)ダウンリバー 2018.09.08 »

北陸の川」カテゴリの記事

増水系」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1140581/74147635

この記事へのトラックバック一覧です: 手取川(手取峡セクション)ダウンリバー 2018.09.02:

« 手取川(バードハミング~天狗橋)ダウンリバー 2018.09.01 | トップページ | 日置川(アッパーセクション)ダウンリバー 2018.09.08 »

ウェブページ

2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ