« 奈良吉野川ダッキー 2018.08.05 | トップページ | 北山川リバーSUP 2018.08.19 »

阿賀野川リバーSUP 2018.08.15

水量が豊富でイージーな2級の瀬が続く格好のツーリングコース。
揚川ダム放流133t
S_dscf9240


福島と群馬県の県境を水源とし、猪苗代湖などを経て新潟の日本海に注ぐ阿賀野川。下流域で日本の河川では最大流量を誇るだけあって、SUPツーリングに流れも水深も十分だ。
Dscf9247_r

下ったのは三川から咲花のセクション。揚川ダムからしばらく下がったところからプットイン。テイクアウトは咲花温泉。ここにすると頭首工のバックウォーターを漕がねばならないため、本来は道の駅阿賀野の里で上がるのが理想だが、電車回送のためやむを得ない。
S_dscf9227

1時間に一本有るか無しの電車に乗って咲花駅から三川駅に移動。
S_dscf9228

S_dscf9229

三川駅から600mほど歩いてプットインに到着する。川原にファルトが一艇デポしてあった。さほどマイナーなコースでも無さそうだ。
S_dscf9236

水はさほどキレイとは言えないまでも、許容範囲内。浅いところなら川底も見透せる。流れは早すぎず、遅すぎず。瀞場は長すぎず、幾つものクラス1~2の瀬が現れる。
S_dscf9246

流量が多いので、エディラインやボイルはそれなりに強いが険悪なところはない。釣り人は少なくないものの、川幅が広く、真ん中を通っていれば、お互いストレスを感じない距離がある。
S_dscf9259_2

S_dscf9268

道の駅から阿賀野川下りの遊船が出ている。本来は三川からの川下りだが、先の水害により、今は道の駅から周遊コースで運行されている。
Dscf9271_r

S_dscf9280

道の駅から既にテイクアウトの咲花温泉が視野に入ってくる。最後は向かい風の中、頭首工のバックウォーターを1kmほど漕いで終了。
Dscf9278_r

Dscf9284_r

豊富な水量に快調に流れる易しい瀬。江の川に似てファルトやSUPのツーリングに最適なコースである。


【当日のデータ】
プットイン:三川鉄橋
テイクアウト:咲花温泉
水量:揚川ダム133t
距離:12.9km
ボート:SUP
グレード:2級
所要: 2.5時間

« 奈良吉野川ダッキー 2018.08.05 | トップページ | 北山川リバーSUP 2018.08.19 »

リバーSUP」カテゴリの記事

信越地方の川」カテゴリの記事

平水系」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1140581/74067736

この記事へのトラックバック一覧です: 阿賀野川リバーSUP 2018.08.15:

« 奈良吉野川ダッキー 2018.08.05 | トップページ | 北山川リバーSUP 2018.08.19 »

ウェブページ

2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ