« 大内山川カヤックダウンリバー 2018.08.25 | トップページ | 手取川(バードハミング~天狗橋)ダウンリバー 2018.09.01 »

奥伊勢宮川カヤックダウンリバー 2018.08.26

水を被ってルートが広く落差も少し埋まってクリークでは無くなるため、プレイボートでも楽しく下れる。
三瀬谷ダム流入41t
S_20180826_isemiyagawakayak_miyale_

今回は水量が十分あるため、プットインを清流茶屋からさらに上流に延ばす。これよりか上流は水深が足りないかなというところで、格好のスロープを見つけてプットインする。
S_p8260059

ウォーミングアップちょうどよい易しい瀬を淡々と進むと、岩がらみの複雑なクラス3が現れる。そのクラス3が終わったところが清流茶屋。
S_20180826_isemiyagawakayak_miyal_2

S_20180826_isemiyagawakayak_miyal_4

清流茶屋から神滝までの前半は、渓相が開けて、心地よい開放的な瀬が続く。
S_20180826_isemiyagawakayak_miyal_3

S_20180826_isemiyagawakayak_miyal_5

コースハイライトの神滝は、大岩が重なる複雑でパワーのあるドロップ。ここはルートを選ぶためスカウティングが必須である。
S_p8260076_s

S_p8260091_s

今回は左岸寄りから進入し、名物のウォータースライダーを選択。ボトムにまっすぐ行ってしまうと、左岸側の岩壁にぶつかってしまう。今回は意識せずにミスしてしまったが、出口で右に飛び出すように調整しなければならない。スライダーを通らず、右のメインカレントに乗って降下することも可能だ。
S_20180826_isemiyagawakayak_miyal_6

S_20180826_isemiyagawakayak_miyal_7

神滝から深いゴルジュに入っていく中盤は、落差のある大きな瀬が、幾つもテンポよく現れる快適ホワイトウォーターセクション。
S_20180826_isemiyagawakayak_miyal_8

S_20180826_isemiyagawakayak_miyal_9

S_p8260121

後半は、ゴルジュは深いままだが、勾配が緩くなる。頭上より降り注ぐ幾筋もの滝を眺めながら、クラス1~2の易しい流れとムービングウォーターにテイクアウトまで運ばれる。

S_20180826_isemiyagawakayak_miya_10

S_20180826_isemiyagawakayak_miya_11

ここも大歩危に匹敵するホワイトウォーターの好コースである。

【当日のデータ】
水量:宮川ダム放流0.5t, 三瀬谷ダム流入41t
プットイン:犂谷公園500mほど下流入川道
テイクアウト:萩原橋下流左岸
所要時間:3時間
距離:13km
高低差:103m
ボート:プレイボート
グレード:3級

« 大内山川カヤックダウンリバー 2018.08.25 | トップページ | 手取川(バードハミング~天狗橋)ダウンリバー 2018.09.01 »

増水系」カテゴリの記事

宮川(伊勢)系」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1140581/74109074

この記事へのトラックバック一覧です: 奥伊勢宮川カヤックダウンリバー 2018.08.26:

« 大内山川カヤックダウンリバー 2018.08.25 | トップページ | 手取川(バードハミング~天狗橋)ダウンリバー 2018.09.01 »

ウェブページ

2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ