« 北山川リバーSUP 2018.08.19 | トップページ | 奥伊勢宮川カヤックダウンリバー 2018.08.26 »

大内山川カヤックダウンリバー 2018.08.25

これまでで最も多い水量。狭い川ながら、ビッグウォーターの流勢。大きなドロップに連続ウェーブ。プレイボートに相応しい、大歩危に匹敵するホワイトウォーター。
細野1.64m
S_20180825_ouchiyamagawakayak_miyak

6年ぶりの大内山川は、これまでで最も多い水量。大滝峡キャンプ場の堰堤直下からプットイン。宮川本流や櫛田川など、周囲の川は、濁流なのに、ここはやや笹濁りという程度だ。
S_20180825_ouchiyamagawakayak_miy_2

大滝峡のドロップ群は、パワーは相当あるが、水を被っているためルートは広く、荒れた水面で制御さえできれば難なく下ることができる。
S_20180825_ouchiyamagawakayak_miy_3

S_20180825_ouchiyamagawakayak_miy_4

大滝峡核心は、この水量では見えないが、大量のログが刺さっているとのこと。ボトムの流れも強烈で、今回はポーテージの判断。
S_20180825_ouchiyamagawakayak_miy_5

S_20180825_ouchiyamagawakayak_miy_6

大滝峡後半にあるキーパーを伴うドロップも、水量が多かったので、右ルートの真ん中にタンができており、それに乗せれば難なく抜けられる。
S_20180825_ouchiyamagawakayak_miy_7

大滝峡を過ぎると、中盤は一旦フラットになる。

S_20180825_ouchiyamagawakayak_miy_8

後半に入ると再びゴルジュとなり、あら竹ドロップを含んで、3つの大きな瀬がある。川幅は狭いが、ビッグウォーターの強烈な流勢。
S_20180825_ouchiyamagawakayak_miy_9

あら竹ドロップは一応スカウティングしたが、左寄りセンターのタンを通ればキーパーに捕捉されることなくクリアできる。続くあら竹スポットは、薄いウェーブとなっていた。
S_20180825_ouchiyamagawakayak_mi_10

ゴルジュを抜け、宮川本流の茶褐色の流れと合わさるところがテイクアウト地点。
S_20180825_ouchiyamagawakayak_mi_11

結果的にポーテージは大滝峡の1ヵ所のみ。大滝峡核心を除けば、プレイボートでも問題なく下れて、プレイスポットも期待できる好コースである。

【当日のデータ】
水量:細野1.64m
プットイン:青少年旅行村
テイクアウト:宮川合流
所要時間:2.5時間
距離:7.6km
高低差:69m
グレード:3級

« 北山川リバーSUP 2018.08.19 | トップページ | 奥伊勢宮川カヤックダウンリバー 2018.08.26 »

増水系」カテゴリの記事

宮川(伊勢)系」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1140581/74109073

この記事へのトラックバック一覧です: 大内山川カヤックダウンリバー 2018.08.25:

« 北山川リバーSUP 2018.08.19 | トップページ | 奥伊勢宮川カヤックダウンリバー 2018.08.26 »

ウェブページ

2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ