« 吉野川小歩危ダウンリバー 2018.07.16 | トップページ | 天川ダウンリバー 2018.07.29 »

北山川リバーSUP 2018.07.22

シーズン初のキタヤマをSUPで。ロングコースの小松からの後半は60t放水で迫力の流れ。
小松放流60t
Dscf8916_r

カヤック3名、OC2名、SUP1名という多彩なグループで田戸までのロングコースをダウンリバーする。
Dscf8894_r

プットインの神護に降りる道は、ジャバラカップのため少し手直しされており、足場は良い。瀬の形は特に変わっていないようだった。
Dscf8901_r

音乗は、二段目はより真っ直ぐになってイージーに、三段目は期待したウェーブは立ち上がり不十分で残念ながら今年もスポットにはなっていない。
Dscf8911_r

Dscf8917_r
下滝、杓子は特に変わっていなかった。

Dscf8933_r

Dscf8938_r

ムササビは二段のウェーブホールに変わっている。どちらもプレイしにくそうで、特に二段目は岩がある。スポットに張り付いているカヤッカーも少ない。
Dscf8940_r


小松手前の瀬は大きく形を変えており、右ルートがよりハッキリとして通りやすくなっている。少し手を入れているようだ。小松から放水口の浅瀬も変わっており、右岸寄が深く通りやすくなっている。放水口は60tということで盛大に水が出ている。
Dscf8953_r

下滝上段は、左右、真ん中どのルートも通過可能だが、真ん中を選ぶ。続いて中段の真ん中スロットのホール巻き返しがキツそうなので避けて左ルートへ。下段は右ルートを通りクリア。
小和田は三段のビッグウェーブ。二段目で敢えなく落水。そのあと各自サーフィンに興じる。

瀞場もいいスピードで流れており、苦もなくテイクアウトの田戸に到着した。ロングコースを下るには、小松でこれくらいの放流量が快適だ。
Dscf8958_r

【当日のデータ】
水量:小森ダム放水60t
プットイン:神護
テイクアウト:田戸
距離:12.2km
時間:3.5時間
使用艇:STARBOARD RIVER 9.6

« 吉野川小歩危ダウンリバー 2018.07.16 | トップページ | 天川ダウンリバー 2018.07.29 »

平水系」カテゴリの記事

熊野川系」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1140581/73948780

この記事へのトラックバック一覧です: 北山川リバーSUP 2018.07.22:

« 吉野川小歩危ダウンリバー 2018.07.16 | トップページ | 天川ダウンリバー 2018.07.29 »

ウェブページ

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ