« 祖谷川アッパー&ミドルダウンリバー 2018.07.15 | トップページ | 北山川リバーSUP 2018.07.22 »

吉野川小歩危ダウンリバー 2018.07.16

典型的な100tボケのコンディション。久々に暴力的な水圧を感じた。
池田ダム流入97.45-104.34t 豊永0.88-0.84m
S_dscf8868

穴内川を狙っていたが水量計が変わったらしく、現地で見てみるともはや水は少ない。サブプランだった小歩危ダウンリバーに切り替える。
S_dscf8856

最初に現れる大きな瀬ということもあり、森囲いの一気呵成に流れる勢いに対処するのに手を焼いた。
Dscf8869_r

大滝は、むしろ落差が少なくなってルートも広いが、荒れた水面に翻弄されて途中で沈させられてしまった。後続によるとぶっ飛んで右岸のピローウェーブに叩き付けられていたらしい。2度のロールでなんとかボトムまでにはルートに復帰した。二段は左ルートを真っ直ぐ抜けるだけだ。
S_dscf8858

この水量で危険を感じたのは何といっても曲り戸。奈落のポワオーバーが強烈な巻きとなっている。真ん中の弱いドロップから入ってメインカレント左寄りをキープ。奈落とブーフ岩も避け、S字に抜けてクリアした。鮎戸の瀬は右のチキンルートから真っ直ぐ抜けれはよい。
S_dscf8863

今回の豪雨で、瀬や環境がどうなったのか心配していたが、大きな変化は感じられなかった。
S_dscf8873

[当日のデータ]
水量:池田ダム流入97.45-104.34t 豊永0.88-0.84m
プットイン:堂床
テイクアウト:川口
距離:9.6km
高低差:110m
ボート:ダウンリバーボート
グレード:3.5級
時間:2.5時間 

« 祖谷川アッパー&ミドルダウンリバー 2018.07.15 | トップページ | 北山川リバーSUP 2018.07.22 »

四国吉野川系」カテゴリの記事

増水系」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1140581/73875236

この記事へのトラックバック一覧です: 吉野川小歩危ダウンリバー 2018.07.16:

« 祖谷川アッパー&ミドルダウンリバー 2018.07.15 | トップページ | 北山川リバーSUP 2018.07.22 »

ウェブページ

2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ