« 日高川(鳴滝スーパーロング&龍神)ダウンリバー 2018.06.23 | トップページ | 南川(那賀川支流)ダウンリバー 2018.06.30 »

古座川アッパーダウンリバー 2018.06.24

緑に澄んだ上流部のクリークはスリルと愉楽、そして癒しに満ちている。今年はカヤッキングの当たり年であるが、そんな中でも間違いなくベストファイブに入るだろう。
下瀬橋(西川)1.16m 七川ダム流入47.4t
S_p6240918_s

ガイド役のKさんの読みが適中し、ベスト水量。千載一遇のチャンスに、極上クリークを下れる幸運に浴した。
S_dscf7715

S_dscf7717

ファルトやレク艇でのんびり下るツーリングコースとして有名な古座川だが、ダムの上流に、知られざるクリークがある。道中、グッドコンデションの周参見川、佐村川に引き込まれそうになりながら、何とか現地に到着。(写真は古座川核心部の荒瀬)
S_dscf7705

3台の車のうち、テイクアウトに1台置き、2台で上流へ。うち1台を核心部の上流側でデポし、プットインに1台で。クリーク艇でない一人は、核心部を中抜きし、その下流で再び合流する手筈。
S_dscf7723

S_dscf7737

S_dscf7740

S_dscf7748

コース前半は、保津川支流の清滝川に似たご機嫌なプチクリーク。出だしはゴルジュの中だが、次第に開けていく。かなり山奥にも関わらず、相当な軒数がある集落を通り過ぎていく。
S_p6240865_s

S_p6240898_s

川は、再び深い渓谷へ入ると、いよいよ核心部は間近。そこでプレイボートの一人は手筈通り一旦上陸。車で核心部の下流まで先行。
S_dscf7775

S_p6240908_s

S_dscf7777

S_dscf7779

核心部の荒瀬は、ドロップが間断無く続く、間違いなく古座川最大の長い瀬である。
S_p6240929_s

ひとつひとつのドロップを分けて考えると、極端に難度が高いものではないが、これだけの密度にはなかなか出会えるものではない。
S_p6240952_s

一気に下って攻め落とすことも可能だが、今回は都合3回、要所をスカウティングしながら、3人が連携しつつ攻略していった。
S_p6240983_s

クリーク艇が本領を発揮。一見無理そうな複雑なドロップを、飛び越え乗り越え、もしくは岩の間を縫っていく。
S_dscf7815

S_dscf7817

核心部を過ぎ、先行したプレイボートの1人が再び合流してからも、核心部が終わっていなかったかのようなドロップが幾つか現れる。後半のうちここまでは、安曇川支流の針畑川に似た感じだ。
S_dscf7831

S_dscf7838

さらに進んで行くと、狭くストレートなゴルジュに入る。そこは一連の緩やかなスライダーのように、早い流れのイージーなクラス3が延々と長く。1~2キロは続いただろうか、これまで体験した事がないタイプの愉楽を味わった。
S_p6241026_s

S_p6247252

S_p6247275_2

ゴルジュを抜けると、高い橋の下流にテイクアウトか現れる。至福の時間もこれで終わりを迎えた。
S_p6247272_2

今回はいいコンディションで下ることができたが、水量や瀬の形の変化で、劇的に環境が変わる可能性が高い。十分な技量と装備、綿密な偵察ができるパドラーでないと重大な結果を招くことも考えられる。

[当日のデータ]
水量:下瀬橋(西川)1.16m 七川ダム流入47.4t
プットイン:松根(大屋谷~杉谷間)
テイクアウト:下露(ささゆりホーム付近)
距離:11km
高低差:129m
ボート:クリークボート
グレード:3.5級
時間:2.5時間

« 日高川(鳴滝スーパーロング&龍神)ダウンリバー 2018.06.23 | トップページ | 南川(那賀川支流)ダウンリバー 2018.06.30 »

南紀の川」カテゴリの記事

増水系」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1140581/73757737

この記事へのトラックバック一覧です: 古座川アッパーダウンリバー 2018.06.24:

« 日高川(鳴滝スーパーロング&龍神)ダウンリバー 2018.06.23 | トップページ | 南川(那賀川支流)ダウンリバー 2018.06.30 »

ウェブページ

2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ