« 庄川ダウンリバー 2018.04.30 | トップページ | 引原川ダウンリバー 2018.05.13 »

日高川(龍神・桧皮の滝)ダウンリバー 2018.05.12

両セクションどちらも、質・量ともに豊富な瀬がテンポよく現れるイージーなクラス3。水量は多すぎず少な過ぎず。瀬の落差にメリハリがあり、プレイボートにベストコンディション。龍ホールが復活。龍神0.75m 椿山ダム流入42t
S_32266825_354730494933413_53543605


先ずは龍神セクション。スタートすぐの道の駅手前にあるホールは不完全だった。前半の瀬は浅めだが、程よい落差でテンポよく続く。
S_dscf6797

龍神温泉を抜けて支流が合わさる中盤以降は、波が高くなり、瀬の面白さもアップする。
S_dscf6799

後半の龍ホール(最近回復の兆しを見せていた)が完全復活。2.2mのカヤックを立ててカートしてもヒットしない素晴らしいホールになっている。
S_dscf6805

S_dscf6806

全体的にイージー・クラス3のテンポよいセクションに、状態のよいホール。遠出してでも来る価値のあるコースだ。
S_dscf6801

次いで桧皮の滝セクション。トンネルと橋でコースをショートカットしており、あっという間に回送完了。龍神セクションより多い流量で、プットインからすでに流れが速い。
S_dscf6818

ドロップ系の瀬が多いが、一つ一つの落差はそれほどでもない。核心部に近づくにつれ、瀬の強さが徐々に上がってくる。プチ核心部というべき単発の大きなドロップを過ぎると、いよいよ核心。
S_dscf6819

核心部は、プチ核心で経験したドロップを3段に連ねたような感じである。非常にスピード感のある200mほどの長い瀬である。大きなバックウォッシュをかわす必要があるが、ルートはほぼ真ん中真っ直ぐである。
中段の手前左岸側にある大岩がアンダーカット。長らく自動車の残骸が引っ掛かって見事なストレーナーになっていたが、今回来てみると無くなっており、あるのはログのみとなり、大きく危険は軽減されたようだ。

その自動車がどこに行ったかと探していると、核心部下の左岸に発見。この水量では流れが当たっていないので問題なかった。
S_dscf6820

核心部の次の瀬にあるウェーブスポットは、キープが弱くイマイチだった。

核心部を過ぎ、テイクアウトに近づくにつれ、瀬が今度は徐々に緩くなってくる。テイクアウトに着く頃には、冗長な感じに飽きてしまうが、回送の簡便さには替えられない。

日高川のよさは、瀬の多さと複数のセクションが選べること。その日に2つのセクションを下る事が可能で、一日を価値のあるものにしてくれる。

[当日のデータ]
水量:龍神0.75m 椿山ダム流入42t

龍神:
プットイン:皆瀬神社前スロープ
テイクアウト:龍神小学校
距離:6.8km
高低差:64m
ボート:プレイボート
グレード:3級
所要時間:2時間

桧皮の滝:
プットイン:六地蔵トンネル脇(上流側)
テイクアウト:龍神柳瀬保育園
距離:7.5km
高低差:60m
ボート:プレイボート
グレード:3級
所要時間:1時間

« 庄川ダウンリバー 2018.04.30 | トップページ | 引原川ダウンリバー 2018.05.13 »

増水系」カテゴリの記事

日高川系」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1140581/73484233

この記事へのトラックバック一覧です: 日高川(龍神・桧皮の滝)ダウンリバー 2018.05.12:

« 庄川ダウンリバー 2018.04.30 | トップページ | 引原川ダウンリバー 2018.05.13 »

ウェブページ

2018年5月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ