« 奈良吉野川リバーSUP 2018.03.18 | トップページ | 坂内川(アッパー&ロアー)カヤックダウンリバー 2018.03.25 »

長良川(ビーチ~大矢)・板取川(運動公園~蛍の里)リバーSUP 2018.03.21

フレンドリーな水量の長良川と、なんとか下れる水量の板取川の二本立て。バラエティと距離を稼いで充実の1日となった。新美並橋0.56m 板取川下洞戸-0.72m、穴洞1.78m
S_29543227_422704264837710_85817595


急遽決まった中部行き、狙いは増水している板取川だ。雨は降り続いているが、水量は前日よりもダウン。板取川を見に行ったものの、水量不足と判断し予定を変更、長良川本流を下る。
S_28953728_422704164837720_15247332

ビーチからのプットイン。このコースは、いきなり長く大きな瀬(三段の瀬)が現れるため、対応が難しい。スタート前の流れでウォーミングアップしたつもりでも、思うようにボードを操りきれていない。
S_29060641_422704191504384_80320065

S_29472351_422704294837707_29488733

この水量では、エディラインやボイルが強く、いやらしいところもあるが、ルートは広くなり、総じてフレンドリー。
S_s_29496460_1834200279963469_17469

S_s_29468948_1834200466630117_20858

S_s_dscf5727

プレイボートがいなかった事もあり、2時間ほどで早々と終了。大矢でテイクアウトするのは、はじめてだったが、なかなかよい場所だった。
S_28828366_422697358171734_67318381

漕ぎ足りながかった我々は、降り続く雨に期待を託して再び板取川へ。水量はあまり変わらないが、なんとか下れそう。
S_s_dscf5764

板取川は、水が増えていても透明度が高い。全体的に浅く、瀬のグレードは長良川より低いが、瀞場といえるようなところはほとんどなく、ツーリング感覚でサクサクと進んでいく。
S_s_dscf5777

この水量では、スタート直下にあり、スポットとして知られているラーメンウェーブは、できていない。
S_s_dscf5755

途中、ポーテージしなければならない大きな堰堤が2ヵ所あり、いずれも左岸から上陸する。それ以外にも低い堰堤がいくつかあるが、それらは、この水量ではルートを見極めれば通過可能だった。
S_s_dscf5762

S_s_dscf5763

早い流れに運ばれて、1時間半ほどで終了。
S_s_28827197_1200967756702441_59643

紫陽花セクションしか知らなかったが、のんびりと清流に親しむこのコースもよかった。折角の遠出を2本ダウンリバーと、乗り合わせの道中で、しっかりと満喫した。
S_28828607_422704524837684_36090879

【当日のデータ】
水位:新美並橋0.56m 板取川下洞戸-0.72m、穴洞1.78m
長良川
 プットイン:ビーチ
 テイクアウト:大矢
 距離:9km
 所要時間:1.5時間
 ボート:インフレータブルSUP(STARBOARD INFLATABLE RIVER 9.6)
 グレード:3級
長良川
 プットイン:洞戸運動公園
 テイクアウト:蛍の里
 距離:8km
 所要時間:1.5時間
 ボート:インフレータブルSUP(STARBOARD INFLATABLE RIVER 9.6)
 グレード:2級

« 奈良吉野川リバーSUP 2018.03.18 | トップページ | 坂内川(アッパー&ロアー)カヤックダウンリバー 2018.03.25 »

長良川系」カテゴリの記事

増水系」カテゴリの記事

リバーSUP」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 奈良吉野川リバーSUP 2018.03.18 | トップページ | 坂内川(アッパー&ロアー)カヤックダウンリバー 2018.03.25 »

ウェブページ

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ