« 木曽川リバーSUP(Pre Love River SUP Day) 2017.10.21 | トップページ | 長良川リバーSUP(ビーチ~勝原橋) 2017.11.01 »

櫛田川リバーカヤック 2017.10.29

カヤックで櫛田川は久しぶり。ピンポイントにベスト水量を捉え、ウェーブ、ホールでプレイ、そして名物の強烈なボイルを満喫。蓮ダム放流19.71t, 田引0.62m
S_dscf4919

先週末の台風の雨で増水したが減水し始め、土曜にはベスト水量を下回った。そこで日曜まで待ち、次に近づいて来る台風の雨で水量が増加してから、台風本体が来る前にダウンリバーを終わらせる作戦を採った。今回の台風は小型なので風の影響は軽かったが、適度に雨を降らせ、少し水位が上がりベストになった。SUPで下りたいところだが、状況の変化に対応できるようカヤックを選択。
S_dscf4925

コースは赤桶堰堤から粥見までの香肌峡赤桶セクションロングコース。
S_22906320_296371590769304_11062332

形の良いウェーブがでていたので、プットインは、いつもの沈下橋よりも上流の堰堤下から。残念ながらウェーブはワンチャンスな上に形もいま少しだったが、いきなり大きな瀬かスタートできた。
S_dscf4914

前半は、いくつかの大きなシュートがある。大きなホールやウェーブを抜けると、必ず瀬の最後にキツいボイルとエディラインに翻弄される。よっぽどの増水でなければ他の川で出なさそうなものだが、櫛田川では狭いゴルジュのお陰で、この程度の水量、流速でも現れる。
S_dscf4923

S_dscf4924


瀬毎にといってもいいほどのプレイウェーブに出会える。
S_23107359_296371610769302_162414_2

今回のベストスポットは、道の駅の少し下流のモナホール。大きくははないが、連続カートホイールが可能なフレンドリーホールである。
S_dscf4932

(この水量では)少し屈めば通過できる沈下橋を過ぎ、左岸に道の駅が見えてくると、後半に突入する。
S_dscf4929

後半核心の弁天の瀬まで、普段は瀞場と緩やかな瀬が続く気の抜けた区間となるが、この日の水量は、それなりに流れが助けてくれて距離の消化も苦ではない。
S_dscf4939

水面ギリギリまで沈み、妙なウェーブを作っている沈下橋が現れる。乗り越えようという考えをおこしがちだが、ここは岸に上がって確実にポーテージしなければならない。
S_22906630_296371487435981_21393693

弁天の瀬は、高い連続波のあと川幅一杯の巨大なシュートが待ち受ける200mほどの長い瀬である。ウェーブはサーフィン可能で大きく形の良いものが続く。沈でもしなければ、エディキャッチして瀬の途中で一息つくことができる。最後は両岸がせり出して大きなホールが形作られている。左側はポワオーバーなのでルートは右側。ただし、降りた先にはキツいボイルが沸き上がり、そこを突っ切るまで手を抜くことはできない。
S_22884015_296371554102641_61571863

弁天の瀬を過ぎると再び緩やかな瀬を幾つか通り、テイクアウトに到達する。

【当日のデータ】
水量:蓮ダム放流19.71t, 田引0.62m
プットイン:赤桶堰堤下左岸
テイクアウト:向粥見のスロープ
所要時間:3時間
距離:約14.7km
ボート:JACKSON KAYAK 2012_2fun
グレード:3級

« 木曽川リバーSUP(Pre Love River SUP Day) 2017.10.21 | トップページ | 長良川リバーSUP(ビーチ~勝原橋) 2017.11.01 »

増水系」カテゴリの記事

櫛田川系」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1140581/72093453

この記事へのトラックバック一覧です: 櫛田川リバーカヤック 2017.10.29:

« 木曽川リバーSUP(Pre Love River SUP Day) 2017.10.21 | トップページ | 長良川リバーSUP(ビーチ~勝原橋) 2017.11.01 »

ウェブページ

2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ