« 那賀川リバーSUP(川口~丹生谷大橋) 2017.05.27 | トップページ

奈良吉野川リバーSUP 2017.06.04

パワーは少ないが、岩が多く露出してテクニカルとなる。ルートを上手く取ればぎりぎりフィンヒットを避けられる。
大滝ダム放流16.2t, 五條1.36, 栄山寺-0.69m
S_20170604_sup_miyake_19

初参加、初ナラヨシのメンバーを含むSUP3名が集まった。水量を鑑み、コースは少し短縮して、ヤナ下から栄山寺まで。
S_20170604_sup_miyake_1

元々流速の遅い川なので、この水量では瀬のパワーは少ないが、逆に、落ち着いて攻略できる。
S_20170604_sup_miyake_2

岩が多く露出して、ルート取りはテクニカルだが、上手くやればフィンヒットなく、クリーンに下ることも可能。
S_20170604_sup_miyake_8


エディキャッチも入れながら、味わいながら瀬を消化していく。
S_20170604_sup_miyake_12

ミニウェーブも幾つかあったが、リバーサーフィン用のボードでもない限り、サーフィンは難しい。
S_20170604_sup_miyake_23

関西では他に水量のある川は、北山川位しかなく、ひさしぶりに会う面々もあり、カヤッカーで賑わっていた。
S_20170604_sup_miyake_16

この水量までならナラヨシは、アリ、大いにアリ。と云えるだろう。
S_20170604_sup_miyake_17

[当日のデータ]
水量:大滝ダム放流16.2t, 五條1.36, 栄山寺-0.69m
プットイン:ヤナ下
テイクアウト:栄山寺
距離:9.4km
ボート:SYTARBOARD INFLATABLE STREAM
時間:3.5時間

« 那賀川リバーSUP(川口~丹生谷大橋) 2017.05.27 | トップページ

リバーSUP」カテゴリの記事

平水系」カテゴリの記事

紀ノ川系」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1140581/70770156

この記事へのトラックバック一覧です: 奈良吉野川リバーSUP 2017.06.04:

« 那賀川リバーSUP(川口~丹生谷大橋) 2017.05.27 | トップページ

ウェブページ

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ