« 四国吉野川本山セクションリバーSUP 2017.05.21 | トップページ | 奈良吉野川リバーSUP 2017.06.04 »

那賀川リバーSUP(川口~丹生谷大橋) 2017.05.27

SUPフレンドリーなクラス3ホワイトウオーター。瀞場が苦しいが、距離、瀬の内容、いずれも中級以上のパドラーにはちょうど良い鉄板コース。
川口ダム18.6-17.1t 和食-0.95m
S_dscf3692

川口ダム下からプットイン。盛大に放水しているように見えるが、実際にはデータ通り、20t程度の水量。
S_dscf3666

プットイン直下の橋が見えなくなるまでに、ひとつ目の大きな瀬「タツミの瀬」を迎える。コース最初にして最大難度の瀬である。見通しの悪い狭いスロットから進入、複雑なエディラインやピローに翻弄されながら、馬の背のような狭い流芯を外さぬようにシュートを降下すると、直ぐに二重のホールが待ち受けており、姿勢を崩さずに上手くこれをかわさなければならない。やり直して三本目で漸く及第点。
S_dscf3670

S_dscf3673

水の花の「タキの瀬」は浅く拡がっており、ルートファインディングが難しい。はじめての場合はスカウティングが必須だが、何度か下っているので、様子をみながら、そのまま進入。一見メインルートらしい右岸側ではなく、左岸側から小岩を避けつつセンターに向け進みながらて最後のシュートに入る。この水量ではルートは狭く、岩とホールを縫って降下。シュート下の水面は荒れており、一本目はホールに絡んで落水してしまい、二本目で何とかクリア。
S_dscf3677

S_dscf3679

鷲敷キャンプ場を過ぎると「轟の瀬」が現れる。道路からもよく見える大きなシュートで、このコースの中では最もパワフルな瀬。左岸寄りからシュートを斜めに貫いて右岸寄りを狙って降下。シュートの下は波が高く、ボードの安定を保つのが難しい。ここも二本目で及第点。
S_dscf3680

S_dscf3681

これら大きなシュートを伴った3つの瀬と、それ以外も瀬は豊富で、長良川を少し易しくしたような川相。
S_dscf3684

S_dscf3685

しかしながら瀞場が長い。特にこの日は強い向かい風に苦しめられた。
S_dscf3687

鮎シーズンや渇水期にも安定した水量があり、ホワイトウオーターパドリングの好ゲレンデとなっている。SUPフレンドリーな瀬が多いが、場所によってはアンダーカットや、キツいエディラインや渦があり、十分なホワイトウオーターでのセイフティスキルを要することは言うまでもない。
S_dscf3672

[当日のデータ]
水量:川口ダム放流18.6-17.1t 和食-0.95m
プットイン:川口
テイクアウト:丹生谷大橋
距離:13.0km
ボート:STARBOARD ASTRO STREAM CROSSOVER
グレード:3級
時間:2.5時間

« 四国吉野川本山セクションリバーSUP 2017.05.21 | トップページ | 奈良吉野川リバーSUP 2017.06.04 »

リバーSUP」カテゴリの記事

四国の川」カテゴリの記事

平水系」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1140581/70704963

この記事へのトラックバック一覧です: 那賀川リバーSUP(川口~丹生谷大橋) 2017.05.27:

« 四国吉野川本山セクションリバーSUP 2017.05.21 | トップページ | 奈良吉野川リバーSUP 2017.06.04 »

ウェブページ

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ