« 四万十川(三島~十川)リバーSUP 2017.05.03 | トップページ | 仁淀川ダッキー(本宮~水辺の駅) 2017.05.04 »

燧灘(荘内半島・蔦島)シーカヤック 2017.05.05

蔦島、荘内半島の好ゲレンデをシーカヤックで漕ぎまわり、サンセットも満喫。
S_dscf3525

香川県三豊市は、瀬戸大橋や高松市より西の愛媛県に近いエリア。瀬戸内の燧灘に面し、荘内半島と蔦島は、シーカヤックやSUPには最高のゲレンデとなっている。
S_dscf3481

荘内半島の付け根に位置する家の浦からシーカヤックのダブル艇で10:30ごろに出艇。、先ずは1.5kmほど先の大蔦島の宮の浦に上陸、プチ登山で瀬戸内の景色と奇岩を巡る。
S_dscf3484

宮の浦から800mほど対岸の仁尾の海浜公園へ渡り、地元のソウルフード「たこ判」を電話予約。連休中とのこともありオーダーして1~1.5時間を要するとのことで、再度出艇。
S_dscf3492

大蔦島をカヤックで一周すると丁度良い時間となったので、再び海浜公園に戻る。干潮のタイミングで、地元の方が潮干狩りに続々とやってくる。水のあるところでもヒザまで深さの遠浅な砂地が広がっている。
S_dscf3501

ようやくありつけた「たこ判」(150円/個)を食す。大判焼きの型で作ったキャベツ入りのたこ焼きのようなものだ。コスパ高く2個で満腹。
S_dscf3497

おなかが満たされたところで出艇。小蔦島、大蔦島の沖側を回って荘内半島へ渡る。荘内半島は浦島太郎伝説が伝えられる。ゆかりの浦島神社がある丸山島を一周。この島は陸繋島なので、干潮時には巨大な砂州で陸地と繋がっていて、砂州を跨いで対岸へダブル艇を運ぶのに苦労する。
S_dscf3510

S_dscf3513


丸山島を出艇し荘内半島沿いに家の浦に戻って、ワンデイトリップは終了。

荘内半島は瀬戸内では珍しい水平線に沈む太陽が見られ、夕陽百選にも選ばれている。日没まで時間を仁尾の町で過ごし、18:20ごろに出艇。家の浦から蔦島方向に少し出るだけで、最高のサンセットと出会える。低く雲が掛かっていて、また、水平線に沈む時期でもなかったが、刻々と色を変える空と海面のグラデーションが素晴らしい。
S_dscf3522

今回のコースは、シーカヤック、SUPどちらも地元家の浦の「フリークラウド」で、様々なツアーが提供されている。
S_dscf3476

« 四万十川(三島~十川)リバーSUP 2017.05.03 | トップページ | 仁淀川ダッキー(本宮~水辺の駅) 2017.05.04 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1140581/70580214

この記事へのトラックバック一覧です: 燧灘(荘内半島・蔦島)シーカヤック 2017.05.05:

« 四万十川(三島~十川)リバーSUP 2017.05.03 | トップページ | 仁淀川ダッキー(本宮~水辺の駅) 2017.05.04 »

ウェブページ

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ