« 北山川リバーSUP(七色~小森ダム) 2017.02.26 | トップページ | 古座川ダウンリバー 2017.03.05 »

古座川支流小川ダウンリバー 2017.03.04

通常よりは少し水位高め、らしいのだがまだまだ浅く、ライニングダウンは数知れず。しかしとびきりの澄んだ流れは、その苦労に十分見合うものだ。
古座川七川ダム放流10.5t、相瀬0.89、月野瀬0.14
S_dscf2653

先ずは名勝「滝の拝」まで川の様子とプットインを探りながら、車で上がるが、やはり水位不足で、ここからのスタートを諦める。しかし、柿太郎は外せないので、椎平の吊り橋のたもとからプットインとした。
S_img_20170304_122048

水量と距離を考え、テイクアウトは京ノ木にして、自転車で回送する。といっても、国道の新しいトンネルと柿太郎を越えるだけなので、あっという間にプットインに戻る。
S_img_20170304_122012

川面に浮かんでみて、やはり最上級に清流であることを実感する。きれいな砂利の川床が延々と続いている。
S_dscf2643

1kmも進まないうちに、「柿太郎の廻り」に入っていく。滝乃拝の下流にあり、道路では僅か100mでまたいでしまう距離だが、流れは道から離れ、何度も蛇行を繰り返しながら4kmもの長さを尾根沿いに進む、人里離れた区間である。
S_dscf2642

それだけに、小川で最も美しいところであり、いくら水位が足りないといっても、柿太郎を外してコース設定することはできないだろう。
浅瀬では何度も、ボトムを擦りながら、あるいは、ライニングダウンで足首ほどの深さしかない流れを歩かされながら、延々と続く手付かずの流れを進んでいく。
S_dscf2658

ようやく、右岸に小さな社の鳥居が見えて来て、柿太郎を抜けた。川は再び道路に沿って進む。国道の新しい中崎トンネルが見えると、流れはまた尾根に沿って大きく迂回する。

テイクアウトはトンネルの出口付近、京ノ木の旧道沿いにあるスロープである。
S_dscf2654

流れ込みは少なく、途中から少しは水位が上がってくるかもという期待は外れてしまい、進みはノロノロと遅かったが、のんびり清流に親しんだ一日だった。SUPにはまだ足りない水量である。
S_dscf2662

当日のデータ】
水量:七川ダム放流10.5t、相瀬0.89、月野瀬0.14(参考古座川)
プットイン:椎平橋
テイクアウト:中崎トンネル下流脇
所要時間:3.5時間
距離:10.6km
ボート:インフレータブルカヤック
グレード:2級

« 北山川リバーSUP(七色~小森ダム) 2017.02.26 | トップページ | 古座川ダウンリバー 2017.03.05 »

南紀の川」カテゴリの記事

平水系」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1140581/69827499

この記事へのトラックバック一覧です: 古座川支流小川ダウンリバー 2017.03.04:

« 北山川リバーSUP(七色~小森ダム) 2017.02.26 | トップページ | 古座川ダウンリバー 2017.03.05 »

ウェブページ

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ