« 古座川支流小川ダウンリバー 2017.03.04 | トップページ | 錦川リバーSUP 2017.03.19 »

古座川ダウンリバー 2017.03.05

通行制限が掛かる6月までに下っておきたい古座川一枚岩コース。少し早い気がしたが、水量と天気の良さに助けられ、快適なツーリングとなった。
七川ダム放流10.5t、相瀬0.89、月野瀬0.14m
S_dscf2668

一枚岩キャンプ場跡からプットインに、テイクアウトは、少女峰までは長すぎるので短めにして、明神中学校前をテイクアウトとした。テイクアウトから自転車で回送。鶴川橋から一枚岩の間は、新しいトンネルのお陰であっという間の到着。ここも、自転車が苦にならない便利なコースとなっている。
S_dscf2667

日本最大級という古座川一枚岩を見上げながら出艇。いきなり波立つクラス1の瀬がある。流れは素直で、瀬の下のエディをキャッチして一枚岩にタッチする。
S_dscf2670

そこからは、流れは旧道沿いに何度も蛇行しながら進んでいく。ダムの影響か護岸工事のためか、水は少し濁りがある。それでも十分に清流である。

水量が少し多いため、クラス1の快適な瀬下りとテンポの良いツーリングが楽しめる。ほとんどの瀬は水位も十分だったので、ライニングダウンは1~2箇所で済んだ。
S_dscf2674

一部、竹の倒木が流れに入っている箇所もあるご、流れは素直なので、しっかり操船すれば回避は難しくない(とは言え、初心者だけの行動は薦められない)。今回はコースに入れなかったが、明神中学校から明神橋の間に沈下橋があって、カヤックがブローチングする事故が発生しているので、十分な下調べや事前回避が必要である。

小川のように人里離れるようなことはなく、河岸の景色から人工物が消えることもないが、古座川の素直らしさは、素直で下りやすい流れと水質に加え、中国の景林のような切り立った山容と、牡丹岩に代表される奇岩の景色にある。
S_dscf2677

崖を棲みかとする棲む猛禽類が多く飛行するのが見られる。

流れの力に助けられ、苦もなく距離を消化してあっという間にテイクアウトに到着した。

当日のデータ】
水量:七川ダム放流10.5t、相瀬0.89、月野瀬0.14m
プットイン:一枚岩キャンプ場
テイクアウト:明神中学校前
所要時間:1.5時間
距離:7.8km
ボート:インフレータブルカヤック
グレード:1級

« 古座川支流小川ダウンリバー 2017.03.04 | トップページ | 錦川リバーSUP 2017.03.19 »

南紀の川」カテゴリの記事

平水系」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1140581/69838645

この記事へのトラックバック一覧です: 古座川ダウンリバー 2017.03.05:

« 古座川支流小川ダウンリバー 2017.03.04 | トップページ | 錦川リバーSUP 2017.03.19 »

ウェブページ

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ