« 奈良吉野川パックラフト 2016.10.09 | トップページ | 北山川(田戸~小川口) 2016.10.16 »

日高川リバーSUP(上田原堰堤~鳴滝) 2016.10.10

鳴滝ビッグウオーター。流れの強い圧力で出来る高い三角波にポワオーバー、サーフィンウェーブもそこかしこに発生。
川原河0.72-0.56m 椿山ダム放流97.1-80t
S_20161010_hidakagawanarutakikay_16

前回の放水より2/3程の水量だが、瀬の様子はほとんど変わらない。実際の水量もさほどの違いはなかった。
S_20161010_hidakagawanarutakikay_17

S_20161010_hidakagawanarutakikay_18

S_20161010_hidakagawanarutakikay_19

前半、かまきりトンネルを過ぎ、核心のゴルジュ帯に入って、二つ目の瀬のシュートはやはりパワフル。
S_20161010_hidakagawanarutakikay_20

シュートの下にも瀬が続くが、右岸側に、2ヶ所、壊れて流された鉄筋コンクリートの橋桁があり、アンダーカットとなっいれ。それだけではなく、鉄筋が無数に突き出て、引っ掛かったら即アウトである。幸い流れはダイレクトにはぶつかっていないが、十分に距離を取らなければならない。
S_20161010_hidakagawanarutakikay_21

S_20161010_hidakagawanarutakikay_22

やがて渓谷は開けて、瀬もフラットで長い瀞場が多くなる中盤をのんびり進む。
S_20161010_hidakagawanarutakikay_23

今日のコースは、地元パドラーが以前は定番コースにしており、この中盤は一旦瀬が減って瀞場も長くなるので、中抜きして、前半と後半鳴滝を下ることが多かったようだ。しかし、この水量では、瀞場も流れが早く、コースは長いが全く問題ない。
S_20161010_hidakagawanarutakikay_24

コースの大半を占めるのんびりホワイトウォーターから、後半の鳴滝セクションに入ると、様相は一変する。鳴滝序盤の瀬は、ミスして落水、不運にもボードがフリップし、なかなか復帰できず長いスイムを喫する。
S_20161010_hidakagawanarutakikay_25

中盤の核心部は高い波やキツイエディラインとボイルを乗り越え何とかクリア。
S_20161010_hidakagawanarutakikay_26

S_20161010_hidakagawanarutakikay_27

吊り橋下の後半は高い三角波の真っ直ぐの流れを無難にこなす。ウェーブが出ていることを期待したが今回もそれはなかった。
S_20161010_hidakagawanarutakikay_29

薄紫の橋が見えると、ゴールはもうすぐ。橋の直下のウェーブホールはグッドコンディション。但し、左岸のホールは足の遅いプレイボートだと担ぎ上がりとなる。
S_20161010_hidakagawanarutakikay_28

最後のスポットで存分に遊んで、直ぐ下の左岸ビーチでテイクアウト。今年の集大成の感がある充実したダウンリバーだった。
S_20161010_hidakagawanarutakikay_30

[当日のデータ]
水量:川原河0.72-0.56m 椿山ダム放流97.1-80t
プットイン:上田原ダム下左岸
テイクアウト:きのくに中津荘
距離:約15.5km
ボート:STARBOARD ASTRO STREAM
グレード:3.5級
時間:3時間

« 奈良吉野川パックラフト 2016.10.09 | トップページ | 北山川(田戸~小川口) 2016.10.16 »

リバーSUP」カテゴリの記事

増水系」カテゴリの記事

日高川系」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1140581/67902661

この記事へのトラックバック一覧です: 日高川リバーSUP(上田原堰堤~鳴滝) 2016.10.10:

« 奈良吉野川パックラフト 2016.10.09 | トップページ | 北山川(田戸~小川口) 2016.10.16 »

ウェブページ

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ