« 奈良吉野川(ボーリング場~栄山寺) 2016.09.10 | トップページ | 赤木川(小口キャンプ場)~熊野川(飛雪の滝)リバーSUP 2016.09.24 »

蓮&櫛田川ロングコース 2016.09.22

台風がもたらした非日常のハイウオーターを堪能。水位計が壊れており記録無しであるが、蓮ダム30t、田引90cm見当。
S_dsc00476

蓮ダム下から全ての瀬において、水深は十分である。S_dsc00436

3mの滝は、ボトムの強烈なバックウォッシュとその先に流れがぶつかるアンダーカットロックを嫌って、いつものようにポーテージ(カヤックの同行者は下った)。
S_dsc00444

その下の狭くなったゴルジュで片方が流れに落ちている丸太橋を潜る。
S_dsc00448

蓮川中間の堰堤は、オーバーフローしており危険で直接取り付けないので、手前左岸のスロープからポーテージ。その下に続く長い瀬は、高いウェーブが続くが落差は少なくなっている。
S_dsc00449

S_dsc00451

その下のウェーブのスポットはグッドコンディション。
S_dsc00458

沈下橋は潜らず、浅く水を被った左岸側を越える。
S_dsc00462

やがて櫛田川本流との合流に出ると、その直下の大滝は、右岸を担いでポーテージ。
S_dsc00464

滝の下から再エントリーして、生コンの瀬を迎える。蓮ダム放流20t程度の増水であれば、流れが速く落差のある浅い瀬で、落水やけがのリスクが高いのだが、この水量では水深は十分。いつもは通れない右側ルートにトライするの大きなウエーブに跳ね上げられ、結果は落水。
S_dsc00467

S_dsc00469

ここから、いつもであればドロップ気味の瀬が続くが、この水量ではフラットでウエーブとなる。
S_dsc00471_2

このコースでのいつものテイクアウトを過ぎると、瀞場も多くなるが、流量が多くこの日は楽に消化していく。ロングコースであるこの日のテイクアウトは、Docomo電波塔まで。
S_dsc00475

奥香肌峡林間キャンプ場を過ぎ、テイクアウト一つ上の堰堤崩れのビッグドロップを真ん中のルーとで突入するも、ウエーブに跳ね上げられて落水。
S_dsc00480

程なく現れるテイクアウト前の電波塔の瀬でもウエーブでフリップして、右岸側のアンダーカットにボードが吸い込まれる。リーシュをリリースする判断の前にリーシュが切れて、そのままラッピング。下流からカヤックでアプローチして引きはがしを試みるも荒れた水面と強烈な張り付きで失敗。とても泳いで行ける状態ではなく、上流側の岸からアプローチして、長い竹の倒木を使ってなんとかラッピングを剥がすことに成功した。
S_dsc00483

切り立ったゴルジュが続くこの川は、2~3の滝とビッグドロップをポーテージすれば、瀬の落差もあまりないが、エディラインやボイルは強烈である。落水のチャンスも多く、ホワイトウオーターへの高い適用性が求められる。

【当日の情報】
水量:蓮ダム放水量推定30-40t, 田引推定0.80-90m
距離:20km
プットイン:森公園
テイクアウト:
所要時間:4時間
ボート:STARBOARD ASTRO STREAM
グレード:3級

« 奈良吉野川(ボーリング場~栄山寺) 2016.09.10 | トップページ | 赤木川(小口キャンプ場)~熊野川(飛雪の滝)リバーSUP 2016.09.24 »

リバーSUP」カテゴリの記事

増水系」カテゴリの記事

櫛田川系」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1140581/67626718

この記事へのトラックバック一覧です: 蓮&櫛田川ロングコース 2016.09.22:

« 奈良吉野川(ボーリング場~栄山寺) 2016.09.10 | トップページ | 赤木川(小口キャンプ場)~熊野川(飛雪の滝)リバーSUP 2016.09.24 »

ウェブページ

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ