« 日高川ロアー(上田原堰堤~鳴滝)SUP 2016.07.10 | トップページ | 長良川リバーSUP(ビーチ~洲原神社) 2016.08.10-12 »

北山川(音乗~玉置口)リバーSUP 2016.07.17

通常水位で初、シーズンでは2回目のキタヤマ。小松までの筏コースは例年よりもイージー。
小森ダム通常、小松放水少ない
S_13767363_685177784968274_77367794

音乗は一段目のホールのバックウォッシュで痛恨の膝着き。立て直して二段目はセンターほんの少し左寄りに抜けた流れを見出す。三段目のウェーブは最早無いのが残念。
上滝の通常水位でもフィンヒット無い。ただし中段のホールのバックウォッシュはキツく、スタンディング出来ず。瀬の出口は右から傍流の強い流れ込みに押されるが、対応は可能だ。
S_20160717_kitayamagawakayak_miyake

S_20160717_kitayamagawakayak_miya_2

杓子は上手くセンターの抜けた流れを掴めず、中段左岸エディをキャッチてして岩への張り付きを回避。
S_20160717_kitayamagawakayak_miya_3

ムササビはプレイホールであるが、スターでもバウスターンがヒットする。連続技も出ず、スポットとしては低評価。むしろ下段のホールがまだましというところ。
小松放水口からの水量は多くはなかった。下滝はどのルートからでも進入可能。中断センターのシュートを突破。バックウォッシュの強さはそれなりで、問題なく抜けられる。
S_13725070_685177824968270_19101444

小和田はビッグウェーブ。暴れるボードに乗りきれず落水を喫する。この水量の左岸エディはかなり険悪。ウェーブ下の左寄りもボイルがキツくカヤックでも沈脱があった。あまり時間は乗れないが、サーフィンをトライできるウェーブコンディション。
S_20160717_kitayamagawakayak_miya_4

S_13691171_685177778301608_97456894

あとはエディキャッチの瀬もそう険悪な流れにはなっておらず、渓谷美を楽しむうちに田戸に到達する。
田戸からは瀞八丁の長い瀞場を漕ぎきると、ジェット船のためのイージーな流れに乗って玉置口テイクアウトに到着。
S_20160717_kitayamagawakayak_miya_5

瀬も景色も良く、多少遠い事など帳消しの関西の名ゲレンデである。

【当日のデータ】
水量:小森ダム通常、小松放水少ない
プットイン:音乗
テイクアウト:玉置口
距離:14.7km
所要時間:4時間
ボート:インフレータブルSUP(STARBOARD ASTRO STREAM9'6")
グレード:3級

« 日高川ロアー(上田原堰堤~鳴滝)SUP 2016.07.10 | トップページ | 長良川リバーSUP(ビーチ~洲原神社) 2016.08.10-12 »

リバーSUP」カテゴリの記事

平水系」カテゴリの記事

熊野川系」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1140581/66585156

この記事へのトラックバック一覧です: 北山川(音乗~玉置口)リバーSUP 2016.07.17:

« 日高川ロアー(上田原堰堤~鳴滝)SUP 2016.07.10 | トップページ | 長良川リバーSUP(ビーチ~洲原神社) 2016.08.10-12 »

ウェブページ

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ