« 奈良吉野川リバーSUP 2016.06.26 | トップページ | 日高川ロアー(上田原堰堤~鳴滝)SUP 2016.07.10 »

日高川(甲斐ノ川ゴール~椿山ダム湖) 2016.07.03

このコースベスト水量のホワイトウォーターツーリングを満喫した。
龍神0.73m, 椿山ダム流入36t, 貯水位185.7m
S_20160703_hidakagawasup_miyake_13

関西の他の川は既に通常水位に戻る中で、増水がギリギリ残る南紀の日高川を選択。
S_dscf4727

甲斐ノ川スタートから下れないことはない水量だが、水深が浅く1~2箇所のポーテージも伴うため、甲斐ノ川ゴールをプットインに。
S_dscf4726

テイクアウトは、幸い椿山ダムの貯水位も低く、後半のゴルジュ帯の流れが健在。つけてダム湖ゾーン手前にあるいつものスロープが工事車両で水量塞がれ、また、下流側のスロープは木が多く、いづれも侵入出来ず。更に上流側のスロープを見つけそこをテイクアウトとした。そのためコース長は短くなった。
S_20160703_hidakagawasup_miyake_5

プットインから1km程の所に道路からも確認できる堰堤がある。馴れた時間にリバーSUPerなら右岸、カヤックや少し不安がある向きには左岸に上陸してポーテージする。この堰堤はそのまま突っ込むと死ぬかもしれない。
S_dscf4733

S_20160703_hidakagawasup_miyake_7

この水量では、堰堤以外の危険箇所は特になく、イージーかつ瀬下りの楽しさを与えてくれるクラス2の瀬と、快適すぎる速さで流れる瀞場で、至福のホワイトウォーターツーリングとなる。
S_20160703_hidakagawasup_miyake_14

S_dscf4735_2

S_dscf4747

流れが十分にあるので、ショートでもロングでも、ボードの種類は選ばない。途中、大きくはないがウエーブが点在するので、遊べるボードの方が楽しめるだろう。
S_20160703_hidakagawasup_miyake_17

S_dscf4740

距離は取れなかったが、この日の関西のベストチョイスのひとつであることは間違いない、素晴らしいダウンリバーだった。
S_dsc03505_2


【当日のデータ】
水量:龍神0.73m, 椿山ダム流入36t, 貯水位185.7m
プットイン:甲斐ノ川セクションゴール地点
テイクアウト:糠崩橋(日高川町大字串本)上流2kmスロープ
距離:8.4km
ボート:インータブルSUP
グレード:2.5級
所要:2時間

« 奈良吉野川リバーSUP 2016.06.26 | トップページ | 日高川ロアー(上田原堰堤~鳴滝)SUP 2016.07.10 »

リバーSUP」カテゴリの記事

増水系」カテゴリの記事

日高川系」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1140581/66340516

この記事へのトラックバック一覧です: 日高川(甲斐ノ川ゴール~椿山ダム湖) 2016.07.03:

« 奈良吉野川リバーSUP 2016.06.26 | トップページ | 日高川ロアー(上田原堰堤~鳴滝)SUP 2016.07.10 »

ウェブページ

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ