« 四万十川(十川~江川崎)ホワイトウォーターSUP 2016.05.02 | トップページ | 那賀川リバーSUP(川口ダム~丹生谷橋) 2016.05.04 »

海部川リバーSUP 2016.05.03

ガラスのようにクリアな清流。水嵩不足を心配したが、何とか下れる水深があり、距離もそこそこ取ることができた。
神野1.27, 多良0.00m
S_20160503_kaifuriversup_miyake_59

テイクアウトの若松大橋の下流右岸に車一台をデポし、プットイン地点を求めて上流へ向かう。当初予定の皆瀬まで遡って見たが、そこまで行くと水深不足。少し下流の荒瀬で入川道を見つけプットイン。
S_20160503_kaifuriversup_miyake_1

S_20160503_kaifuriversup_miyake_7

スタートから3km程は程なく狭い渓谷地帯が続く。それほど落差はないが、瀬が幾つも連なる。もう少し水量あれば尚楽しめるはずである。
S_20160503_kaifuriversup_miyake_12

S_20160503_kaifuriversup_miyake_16

水はひたすら澄んで、光線により深みはブルー映る。川底の一番深い所でも底が見透せる程。
S_20160503_kaifuriversup_miyake_20

S_20160503_kaifuriversup_miyake_30

S_20160503_kaifuriversup_miyake_32

S_20160503_kaifuriversup_miyake_37

S_20160503_kaifuriversup_miyake_4_2

ゴルジュを抜けると、清潔な砂利の広い川原を、流れは緩慢にかつ自由に蛇行しながら進む。天気と水量に恵まれれば、最高のツーリングコースであろうが、この日は雨と漕ぎ続けなければ押し戻されるほどの向かい風に悩まされる。
S_20160503_kaifuriversup_miyake_55

S_20160503_kaifuriversup_miyake_56

短いフィンを付け、浅瀬ではノーズ側に立ち、テールを浮かせてフィンヒットを避けるなどして頑張ったが、2ヶ所でライニングダウンを余儀なくされる。
S_20160503_kaifuriversup_miyake_63

2つある堰堤は、この日の水量ではコンクリに直接取り付き、魚道を担いで下りる事ができた(カヤックでは難しかもしれないので注意が必要)。水量があっても無くても、このまま突破することは不可能。慎重に様子を見ながら接近して取り付く場所を見極める。
S_20160503_kaifuriversup_miyake_67

S_20160503_kaifuriversup_miyake_71

2つ目の堰堤を越えると直ぐにゴールが見えてくる。
S_20160503_kaifuriversup_miyake_72

S_20160503_kaifuriversup_miyake_77

若松大橋を過ぎ、右岸の広い川原を歩いて車に戻る。
S_20160503_kaifuriversup_miyake_85

[当日のデータ]
水量:神野1.27, 多良0.00m
プットイン:荒瀬
テイクアウト:若松大橋
距離:11.6km
ボート:STARBOARD ASTRO STREAM CROSSOVER
グレード:2.5級
時間:2時間

« 四万十川(十川~江川崎)ホワイトウォーターSUP 2016.05.02 | トップページ | 那賀川リバーSUP(川口ダム~丹生谷橋) 2016.05.04 »

リバーSUP」カテゴリの記事

四国の川」カテゴリの記事

平水系」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1140581/65392918

この記事へのトラックバック一覧です: 海部川リバーSUP 2016.05.03:

« 四万十川(十川~江川崎)ホワイトウォーターSUP 2016.05.02 | トップページ | 那賀川リバーSUP(川口ダム~丹生谷橋) 2016.05.04 »

ウェブページ

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ