« 日高川桧皮の滝&鳴滝セクションSUP 016.04.23 | トップページ | 四万十川(江川崎~赤鉄橋)ツーリング 2016.04.30 »

日高川ロアー(上田原堰堤~鳴滝)SUP 2016.04.24

鳴滝セクションを後半に据えた15kmのロングコース。プットインから12kmは今回初降下。SUP向きの面白い瀬が続くロングホワイトウオーターセクションである。
川原河0.82m 椿山ダム放流118t
S_dsc02929

前日に日高川桧皮&鳴滝のダブルヘッダーを終え、自宅に帰ったものの、朝になっても椿山ダムの放流量は減る気配を見せない。前日に下見した上田原堰堤から鳴滝までのかなり良さげな瀬が頭から離れず、重い腰を上げて再び日高川へ向かった。
S_dsc_0486

昨日と同じ鳴滝ゴールきのかわ中津荘前に車をデポする。ダウンリバーの距離は15km以上あるが、スタートまでの回送は、かまきりトンネルを使えば自転車でも5km(20分)で完了する便利さだ。
S_dsc02917

入ったら確実に死ねそうな大きなハイドロ―リックがある上田原堰堤。その数百m下流からプットイン。水面に出るや否や流速早く大量の水に流される。それなりに落差はあるが平水時にはとんどがザラ瀬なのだろう、平たい川床にドロップにはならずに高さのあるウエーブが連続する。
S_dsc02923

早い瀬の中で、流れの中の岩やホールをかわす強いパドリングが必要になるが、ルートは十分に広いのでさほど苦労することはない。コンスタントにクラス2-3のさほど難しくない瀬が続く。それよりも手を焼くのは、茶色に濁った重たい水が切り立った岩にぶつかり作り出すパワフルで複雑なエディラインやボイルだ。

S_dsc02924

回送で使ったかまきりトンネルが貫通する大きな尾根を、流れはぐるりと大きく蛇行しながら12-13km進む。
S_dsc02926

トンネル出口を過ぎてしばらく進み、短いゴルジュに入った流れは狭まりパワーのあるシュートを形成する。鳴滝を除くとここが最大の瀬である。右岸に上陸してスカウティング。左岸寄り流芯の一番パワーが集まるところだけは流れは真っ直ぐに抜けている。その右脇から右岸に向かっては幅の広いポワオーバーで、他に通れそうなの浅い右ベタのみ。その右ベタもその下のホールを避けながらクランク状に下りなければならない。
S_dsc02930

シュートの下がただのムービングウオーターであることを幸いに、ボードを左岸寄りの強い流れに乗せる。流速を上回るスピードまでパドリングで加速して、姿勢を低くしてシュートに突入。バックウォッシュに衝撃を何とか堪えてクリア。
S_dsc02934

その下の瀬を過ぎるとゴルジュから出る。
S_dsc02939

S_dsc02956

トンネルと最も離れた尾根先の区間2kmほどは、ほとんど瀬がないムービングウォーターとなる。再び瀬が始まり、柳瀬を過ぎると、2011年の紀伊半島大水害で被災した建物が2棟そのまま取り残されており、当時の流れの威力を想像することができる。
S_dsc02940

S_dsc02957

S_dsc_0482

鳴滝スタートの橋を挟んでしばらくは再びムービングウオーターとなる。
S_dsc02963

右岸から真ん中にかけて大岩が現れるとクラス3の瀬。水深のある場所を選びホールをかわしつつメインストリームの左ルートに入る。ウエーブやそのあとの荒れた水面を姿勢を低く、しっかりブレイシングしてクリアする。
S_dsc02966

再び500mほどのムービングウォーターを経て、視界の先右岸にあやめの湯とバンガローが遠望すると、このコースの核心部鳴滝の瀬となる。今回は水量が多く、却ってルートはシンプルだ。流芯にうまく乗っていけば瀬のボトムまで行ける。
S_dsc02971

S_dsc02972

吊り橋を過ぎると次の瀬に、水量によってはビッグウエーブが立つシュートがあるが、この日は流れが真っ直ぐ抜けている。
S_dsc02974

薄紫色の橋を通ってすぐの瀬が前日同様にグッドコンディション。川幅一杯のウエーブの右半分はSUP向きのスムースウエーブで右エディからリエントリーも可能。左半分はウエーブホイールで、非常に形がよいがリエントリーは担ぎ上げとなる。
S_dsc02977

テイクアウトはレンガ造りの発電所を過ぎてすぐのところ。さらにその下流は次の堰堤まで川相は開けてフラットになる。
S_dsc02982

[当日のデータ]
水量:川原河0.82m 椿山ダム放流118t
プットイン:上田原ダム下左岸
テイクアウト:きのくに中津荘
距離:約15.4km
ボート:STARBOARD ASTRO STREAM
グレード:3級
時間:2時間

« 日高川桧皮の滝&鳴滝セクションSUP 016.04.23 | トップページ | 四万十川(江川崎~赤鉄橋)ツーリング 2016.04.30 »

リバーSUP」カテゴリの記事

増水系」カテゴリの記事

日高川系」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1140581/65159773

この記事へのトラックバック一覧です: 日高川ロアー(上田原堰堤~鳴滝)SUP 2016.04.24:

« 日高川桧皮の滝&鳴滝セクションSUP 016.04.23 | トップページ | 四万十川(江川崎~赤鉄橋)ツーリング 2016.04.30 »

ウェブページ

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ