« 保津川&清滝川リバーカヤック 2015.12.12 | トップページ | 穴吹川リバーSUP 2015.12.26 »

南丹美山川ダッキーダウンリバー 2015.12.13

今年はここまでチャンスがなかった里川ホワイトウオーター。2カ所の堰堤ポーテージと無数に張られた鵜除けのコード。困難は多いが、この時期珍しいハイウオーターをモノにできた。
田歌0.67m
(人里近くとはいえ、流れのある川はバックカントリーと同じです。上級者が万全の装備と訓練のもと実施しています。簡単に見えますが未経験者には非常に危険ですので、参考にしないようにお願いします。)
S_20151213_miyamagawasup_kayak_miya

かやぶき屋根で知られる雪深いこの里、しかしこの日は12月というのに暖かくいまだ秋の気配が残る。
カヤックx1、SUPx1、ダッキーx1艇というまとまりない構成。
S_20151213_miyamagawasup_kayak_mi_4

週末にかけて降った大雨の増水からかなりのペースで水位を下げてはいるが、データ上はまだ多め。2つある堰堤を確認しところ、やや厚みのある水を被っている。カヤックのみのパーティであれば躊躇する状況だが、ダッキーとSUPならば容易に取り付けると判断。いつもの道の駅からかやぶき美術館までの8kmのコースとした。
S_20151213_miyamagawasup_kayak_mi_5

道の駅の前の瀬から、流れの上に鵜除けとして、川の両岸に渡すように(TV用の二軸ケーブルを利用した思しき)コードが無数に張り渡されている。一部は水面に垂れ下がり、流木が絡まっているものもあり、安全とは言い難い状況。テグスよりは視認性が良いのが取り柄。ルートを選んで、それでもところによっては伏せたり、パドルで持ち上げたりしてやり過ごした。
S_20151213_miyamagawasup_kayak_ya_2

スタートして程なくの橋下ウエーブは、カヤックならスピンができるコンディション。SUPサーフィンにもよいだろう。
S_20151213_miyamagawasup_kayak_yama

堰堤越えはいつもより難しく、非常に気を使うが、瀬のほうは波が高く迫力があり、ルートが広く下りやすい。
S_20151213_miyamagawasup_kayak_mi_2

S_20151213_miyamagawasup_kayak_mi_3

いつもはフィンヒット覚悟のところもこの日は水深が十分で、スムーズにこなしていく。人工物以外は全く快適で、ランチ休憩を取る間もなくテイクアウト地点に至った。
S_20151213_miyamagawasup_kayak_ya_3

【当日のデータ】
水量:田歌0.67m
プットイン:道の駅美山ふれあい広場脇右岸スロープ
テイクアウト:美山かやぶき美術館・郷土資料館下流50m右岸スロープ
所要時間:1.45時間
距離:8.4km
ボート:インフレータブルカヤック
グレード:2.5級

« 保津川&清滝川リバーカヤック 2015.12.12 | トップページ | 穴吹川リバーSUP 2015.12.26 »

増水系」カテゴリの記事

由良川」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1140581/62965180

この記事へのトラックバック一覧です: 南丹美山川ダッキーダウンリバー 2015.12.13:

« 保津川&清滝川リバーカヤック 2015.12.12 | トップページ | 穴吹川リバーSUP 2015.12.26 »

ウェブページ

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ