« 尻別川リバーSUP 2015.09.22 | トップページ | 櫛田川リバーSUP 2015.09.26 »

余市川リバーSUP 2015.09.22

ザラ瀬が多いが、果樹園地帯を流れる川としては、緑も水も十分過ぎるほど美しい。ボーテージやフィンヒットは必須だが、この時期特にサケの遡上を観察できる。
S_dsc01184

JR余市から然別駅まで電車回送。
S_dsc01179

プットインの然別橋から、ザラ瀬が時々現れる中を1.5kmほども進むと、頭首工が現れる。右岸ボーテージとガイドブックにあったが、左岸で少し藪こぎはあったがボーテージ。
S_dsc01183

S_dsc01204

さらに500mほどでJRの鉄橋がらみのブロックで作られた落ち込み。左岸ボーテージとあったが、右岸側ブロックに上陸して瀬の下までボーテージ。
S_dsc01205

そこから、多少は水量も増すものの、相変わらずザラ瀬を中心に、多くの瀬が現れる。
S_dsc01208

なかには、岩盤による狭い水路となったクランク状の瀬もあり、少しスリルを味わえる。
S_dsc01207

S_dsc01212


下流に進むにつれて、サケの魚影が濃くなって来る。産卵場おぼしきところには特に多く居るが、死んでしまった個体も非常に多かった。
S_dsc01203

S_dsc01209

暮れなずむ美しい川の景色を楽しむのもそこそこに、断続的に現れる1-2級の瀬をこなしていく。
S_dsc01207_2

後半になると、より多くの遡上中のサケと行き違うようになる。
S_dsc01214

日が落ちたので、途中の鮎見橋でテイクアウト。仁木駅まで2kmほどハイクし、JRで余市駅まで戻る。
S_dsc01215

鮎見橋にデポしたギアを回収し、小樽へ向かい、その夜、舞鶴行きのフェリーで帰路についた。

【当日のデータ】
水量:然別22.81m, 鮎見橋0.89m
プットイン:然別橋左岸
テイクアウト:鮎見橋右岸
所要時間:1.5時間
距離:7.2km
ボート:STARBOATD ASTRO TOURING 12.6
グレード:2級

« 尻別川リバーSUP 2015.09.22 | トップページ | 櫛田川リバーSUP 2015.09.26 »

リバーSUP」カテゴリの記事

北海道の川」カテゴリの記事

平水系」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1140581/61756295

この記事へのトラックバック一覧です: 余市川リバーSUP 2015.09.22:

« 尻別川リバーSUP 2015.09.22 | トップページ | 櫛田川リバーSUP 2015.09.26 »

ウェブページ

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ