« 奈良吉野川リバーSUP 2015.07.26 | トップページ | 四国吉野川(本山・山崎セクション・安土ウエーブ)SUP 2015.08.09-12 »

那賀川リバーSUP 2015.08.09

水量は多くないが、ダウンリバーを十分に楽しめる。危険は低いがイヤラシイ3級の瀬が続く。トレーニングに最適な、ホワイトウォーターSUPの良川。
和食-0.92m 川口ダム放流21.9t
S_20150808_nakagawasup_miyake_18

これまで、ここを訪れた中で最も低い水位。相変わらずの濁り具合であるが、SUPダウンリバーには申し分ない水深が確保されている。

例によって水の花からプットイン。スタート前に、直下のタキの瀬のスカウティング。瀬の右半分に水が集まっていて、最も右端のルートなら、入り口が浅いがまっすぐ無難に抜けられそう。前回もここを通っていたが、今回はせっかくスカウティングしたので、中央のバックウォッシュを縫うルートにトライ。担ぎ上げで2回やったが、ボトムのホールに掴まって落水と同じ結果に。他のメンバーは、大事を取ってポーテージした。
S_20150808_nakagawasup_miyake_5

そこからは、下見もポーテージも無しで下る。全ての瀬において、比較的危険度が低めの印象でクラス3以下に収まるが、ルート取りの難度や、エディラインやボイルもやや強目なイヤラシイ瀬が多く、経験値を上げるにはもってこいだ。
S_20150808_nakagawasup_miyake_15

賽の瀬は、流れが右岸側に一気に寄って、厚みとパワーを増して迫力があるが波の高さもほどほど、真ん中を素直に抜ける。
S_20150808_nakagawasup_miyake_24

スタンディングウエーブが200mほども長く続く轟の瀬は、いつ下っても迫力満点。波が次々に現れるので、バックウォッシュに正面からぶつかって失速してしまわぬよう、漕ぎとルート取り、立ち続ける筋力が必要。
S_20150808_nakagawasup_miyake_33

鷲敷青少年野外活動センター辺りは、狭いゴルジュとなっている。もみの木の瀬?にSUPサーフィンの小さいがグッドウエーブあり。但し左カーブの瀬の中にあり、アウトすると右岸に流れに乗せられ、押し付けられる。しかし、その下のエディは巻いてウエーブの左脇に伸びており、リエントリーは案外楽である。
S_20150808_nakagawasup_miyake_37

いよいよ、コースも後半。鷲を親柱にあしらった丹生谷橋を挟んで、ハイの瀬と仁宇の瀬。ここでダッキーツアーに遭遇。


田野瀬を過ぎると長い瀞場だが、我慢ならない程ではない。以前バス回送の時にテイクアウトにした、田野橋の上流のスロープは、水害対策か、大きな門ができて、使用出来なくなったようだ。
S_20150808_nakagawasup_miyake_40

今回は、そこを過ぎて太龍寺ロープウェイ直下の、ロープウェイの瀬を下って左岸がテイクアウト。

どうしても来る機会が少ないが、お気に入りのコース、また訪れたい。

【当日のデータ】
水量:和食-0.92m 川口ダム放流21.9t
プットイン:水の花スロープ
テイクアウト:道の駅鷲の里
距離:10km
ボート:SUP
グレード:3級
所要:3時間

« 奈良吉野川リバーSUP 2015.07.26 | トップページ | 四国吉野川(本山・山崎セクション・安土ウエーブ)SUP 2015.08.09-12 »

リバーSUP」カテゴリの記事

四国の川」カテゴリの記事

平水系」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1140581/61208945

この記事へのトラックバック一覧です: 那賀川リバーSUP 2015.08.09:

« 奈良吉野川リバーSUP 2015.07.26 | トップページ | 四国吉野川(本山・山崎セクション・安土ウエーブ)SUP 2015.08.09-12 »

ウェブページ

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ