« 日置川カヤックダウンリバー(ミドル~ロアー&安川) 2015.07.19 | トップページ | 奈良吉野川リバーSUP 2015.07.26 »

奈良吉野川リバーSUP(天理W~栄山寺) 2015.07.20

ほぼベストコンディションの天理ウェーブを堪能。そして、アヒルウェーブを再発見SUPのためにあるようなコンデション。
五條2.31^2.36m,栄山寺0.03^0.09m 大滝ダム放流63.07^35.86t
S_20150720_narayoshinogawasupsurf_4

カヤックにはベストコンディションの天理ウェーブ。日本でも屈指のリバーウェーブ。大増水したほんの数時間現れるプレミアムスポット。しかし、SUPにとっては荒れて、なかなか苦労をさせられる。
S_20150720_narayoshinogawasupsurf_2

アウトした後、上手く右岸エディに入ることができるのは稀で、殆どはその下の岩場に取りつき、崖を越えて右岸エディにアプローチ、漕ぎあがって、ウェーブ脇に再上陸して、ラインナップに復帰する。これを5回もやればもうくたびれてしまう。
S_20150720_narayoshinogawasupsurf_3

ウェーブを左右に動き回るように心掛けたが、なかなか上手くはやらせてもらえない。やがて、荒れた周期でボードから振り落とされてアウトとなる。絶好のウェーブコンディションで、かなり勿体ないが、昼食を挟んで2クールで満足。
S_20150720_narayoshinogawasupsurf_m

そこから栄山寺まで下る。めったにないビッグウオーターナラヨシは、いつもとまるで違う川であった。
思わぬ収穫はアヒルウェーブ。天理ウェーブの水位で、SUPには最高の極上スムースウェーブがあり、居たいだけサーフィンさせてもらえる。

その下にも2、3のグッドウェーブがあって、極めてSUP向きとなるがここだけで1日中遊べるスポットである。
天理ウェーブ水位は、ダウンもスポットも最高ということを再発見した。

【当日のデータ】
水量:五條2.31^2.36m,栄山寺0.03^0.09m 大滝ダム放流63.07^35.86t
プットイン:天理ウエーブ
テイクアウト:栄山寺
所要時間:1時間
距離:5.6km
ボート:インフレータブルSUP
グレード:3級

« 日置川カヤックダウンリバー(ミドル~ロアー&安川) 2015.07.19 | トップページ | 奈良吉野川リバーSUP 2015.07.26 »

リバーSUP」カテゴリの記事

増水系」カテゴリの記事

紀ノ川系」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1140581/60855790

この記事へのトラックバック一覧です: 奈良吉野川リバーSUP(天理W~栄山寺) 2015.07.20:

« 日置川カヤックダウンリバー(ミドル~ロアー&安川) 2015.07.19 | トップページ | 奈良吉野川リバーSUP 2015.07.26 »

ウェブページ

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ