« 奈良吉野川リバーSUP(天理W~栄山寺) 2015.07.20 | トップページ | 那賀川リバーSUP 2015.08.09 »

奈良吉野川リバーSUP 2015.07.26

下り頃・遊び頃のフレンドリーナラヨシ。ストレスフリーなダウンリバーと、点在するグッドウェーブ。
SUPx5、カヤックx2の混成チームでのダウンリバー。
五條1.86m,栄山寺-0.40m 大滝ダム放流22.13t
S_20150726narayoshinogawa_yamahara_

ヤナの瀬は、今日はなめらかでスポットはない。S字に続く長い瀬も水深があって、ルートが広い。
S_20150726_narayoshinogawasup_miyak

S字は、左岸寄りに進めばバックウォッシュやウェーブに荒れた所を避けて楽に抜けれれる。中段のウェーブがカヤックにはなかなか面白そう。左岸エディからSUPでのエントリーは失敗。
S_20150726_narayoshinogawasup_miy_2

カルディアも、今日はなめらかでウェーブは弱く、その下のドロップは落差が少なくなって、ボトムのバックウォッシュはセンターが抜けておりクリアし易い。
S_20150726_narayoshinogawasup_miy_3

神社下は二段のウェーブ。上段はワンチャンス&担ぎ上げだが形が整ったウェーブホール。上手く入れたらなかなか面白い。下段はリエントリー容易なグッドサーフィンウェーブ。ここが今日のベストスポットであった。
芝崎に続く浅い長い瀬も水深があってルートを取り易い。上段に小さいがサーフィンウェーブ有り。
S_20150726_narayoshinogawasup_miy_4

S_20150726narayoshinogawa_yamahara_

S_20150726_narayoshinogawasup_miyak

芝崎は中段のウェーブが出現しており、ほぼワンチャンスだが、SUP向きの高さとスピード感を楽しめるグッドウェーブ。
S_20150726_narayoshinogawasup_miy_2

天理は、ウェーブの形がまだ残っていて、担ぎ上げならサーフィン出来るかも知れないが、浅いので落水したら危険と思い入らず。左岸側から入って右岸エディに至るルートでヒットなしに抜けられた。
S_20150726_narayoshinogawasup_miy_3

瀞場を挟んでその下の瀬は、長洲を挟んで右岸側ルートを選択。狭くパワフルなスロット状の流れを楽しんだ。
左岸ルートはまだ下れるだけの水深がある。

そこからアヒルまでは、景色のよい渓谷。今日は流れが十分あって、快適に進む。
S_20150726_narayoshinogawasup_miy_4

アヒルは、ホールコンディションのベスト水量で、スポットプレイのカヤッカー7~8人でにぎわう。左岸側は完全なホールで、SUPではボードが沈んでしまうので、右岸側のウェーブ状の部分でサーフィンする。右岸エディからのエントリーは難しくないが、エディに戻るのが困難。左岸からのエントリーは、担ぎ上げでホール脇の蛇籠から乗り込むのだが、それがなかなか大仕事だ。そんなわけで、今日は2回ほど入って終了。
S_20150726_narayoshinogawasup_miy_5

栄山寺までの瀞場も快適に流れて、充実した川下りはゴールとなった。

【当日のデータ】
水量:五條1.86m,栄山寺-0.40m 大滝ダム放流22.13t
プットイン:ヤナ下
テイクアウト:栄山寺
所要時間:4.5時間
距離:12km
ボート:インフレータブルSUP
グレード:3級

« 奈良吉野川リバーSUP(天理W~栄山寺) 2015.07.20 | トップページ | 那賀川リバーSUP 2015.08.09 »

リバーSUP」カテゴリの記事

増水系」カテゴリの記事

紀ノ川系」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1140581/60919486

この記事へのトラックバック一覧です: 奈良吉野川リバーSUP 2015.07.26:

« 奈良吉野川リバーSUP(天理W~栄山寺) 2015.07.20 | トップページ | 那賀川リバーSUP 2015.08.09 »

ウェブページ

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ