« 気田川リバーSUPツーリング 2015.05.16-17 | トップページ | 日置川リバーSUPツーリング(市鹿野~向平) 2015.05.24 »

北山川リバーSUP(音乗~小松) 2015.05.23

シーズン初のキタヤマ。コースが若干変わったようで、年々瀬が真っ直ぐにないるような気がする。それでも、完立ちはおろか2度も落水を喫する。
小森ダム観光放流(通常)
S_20150523_kitayamagawasup_miyake_5

北山川のラフトカンパニー「アイスマン」さんのガイドトレイニングに同行させていただき、自分はSUPで音乗から小松までをダウンリバー。お客さんを乗せた営業航行いがいでも、積極的にトレーニングとして何度もコースを下り、より安全でエキサイティングにコースを楽しめるように腕を磨いている。
S_20150523_kitayamagawasup_miyake_2

ラフトを漕ぎ出す前のセイフティトークや操船練習の間に、最初に現れる最大の瀬、音乗の瀬を下見する。中段は、センターにしっかりとした本流ができており、昨年よりもまっすぐに下れるようになった。瀬を通して、センターをまっすぐで抜けられるようになった印象。
S_20150523_kitayamagawasup_miyake_4

下見の甲斐あって、音乗は落水せず。しかし残念ながらニーリングをしてしまう。
S_20150523_kitayamagawasup_miyake_7

S_20150523_kitayamagawasup_miyake_1

上滝では、中段ストッパーで落水して、恐怖のスイミング。
S_20150523_kitayamagawasup_miyake_6

杓子の瀬は、ホールをニーリングしてしまったがクリア。
S_20150523_kitayamagawasup_miyake_8

ムササビはホールを越えたところでバランスを崩して落水。
S_20150523_kitayamagawasup_miyake_9

S_20150523_kitayamagawasup_miyak_10

今シーズン初のダウンリバーで、ルートの見極めができていないという言い訳はあるが、満足いく内容ではなかった。今シーズンまだまだ下る機会があると思うので、完立を目指したい。
S_20150523_kitayamagawasup_kaino_3

「アイスマン」さんは、北山川のラフティング、キャニオニングを実施しているアウトフィッター。おくとろ・上瀞の激流ホワイトウオーターはラフトで、下瀞・熊野川ではSUPでツーリングと、乗り物を変えて、北山川・熊野川を目一杯楽しむのもよいと思う。また、併設の「民宿あいす」はリーズナブルな価格設定で清潔な環境を提供しており、川旅の宿に最適である。
http://oc-iceman.com/
S_20150523_kitayamagawasup_miyake_3

【当日のデータ】
水量:小森ダム通常観光放流
プットイン:音乗
テイクアウト:小松瀞場手前右岸
所要時間:2時間
距離:5.1km
ボート:インフレータブルSUP STARBOARD ASTRO WHOPPER DX
グレード:3級

« 気田川リバーSUPツーリング 2015.05.16-17 | トップページ | 日置川リバーSUPツーリング(市鹿野~向平) 2015.05.24 »

リバーSUP」カテゴリの記事

平水系」カテゴリの記事

熊野川系」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1140581/60140637

この記事へのトラックバック一覧です: 北山川リバーSUP(音乗~小松) 2015.05.23:

« 気田川リバーSUPツーリング 2015.05.16-17 | トップページ | 日置川リバーSUPツーリング(市鹿野~向平) 2015.05.24 »

ウェブページ

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ