« 吉野川リバーSUP(山崎セクションショート) 2015.05.09 | トップページ | 気田川リバーSUPツーリング 2015.05.16-17 »

仁淀川リバーSUPツーリング(黒瀬~鹿敷) 2015.05.10

GW連休の締めくくり、夏のような晴天の中、南国土佐の清流仁淀川。鮎釣り解禁直前のタイミング、大いに満喫した。不動 -0.67m
S_20150510niyodogawasup_miyake_44

吉野川本山町から下道で現地に入る。鮎釣りがまだ始まっていないので自由度が高いとはいえ、前回よりも水位は低く、水深が出てくるところを探しながら、スタートを決める。前回ゴールの黒瀬キャンプ場から上流も見てはみたが、かなり浅すぎると判断。
S_20150510_niyodogawasup_iphpne_aka

これまで下っていない黒瀬キャンプ場をスタートと決め、ボードの準備をする。今度は、距離と相談しながらゴール地点を探っていく。当初目をつけていた、加田キャンプ場まで足を伸ばしてみたが瀞場が長すぎる。その瀞場の手前のさくら病院前の河原をゴールと、車を1台残してスタートに戻った。
S_20150510niyodogawasup_miyake_1

スタート地点の黒瀬の瀬の下から漕ぎ出す。水面に出てすぐに透明度が高さに感動する。
S_20150510_niyodogawasup_iphpne_a_2

程なく上八川の合流があり、右カーブの大きな瀬が現れる。目印に崖の上に茶色い木造のアイスクリンの店があるので分かりやすい。これが区間最大の、出来地の瀬である。のんびりツーリングの気分の中で現れるため少々緊張してしまうが、素直に真ん中のルートを通ればよいのクラス2+の瀬である。ただし、序盤が浅く、隠れ岩に引っ掛かってしまわないよう注意する。
S_20150510niyodogawasup_miyake_9

瀬のほとんどはスタンドアップでクリア出来るが、ヒット必須の浅いところも多くある。しかし、ショートタイプ(もしくはカットした)のソフトフィンに付け替えるなど対策していれば関係ない。1-2箇所でライニングダウンをしなければならなかったが、歩きやすいフラット河原で、特に苦にはならなかった。
S_20150510_niyodogawasup_iphpne_a_3

高いコンクリ橋脚の柳橋瀬の下、左岸側に10人ほどの釣り人。広い河原に20-30台ほどの車が整然と駐車している。釣り竿が出ている本流は当然譲って、右岸の浅瀬をライニングダウンして釣りゾーンを回避する。魚種は分からなかったが、ここだけは非常に賑わっていた。
S_20150510niyodogawasup_miyake_23

左岸に水辺の駅を横目に通過。トイレや食料入手など本格的な休憩が可能だ。こういうところを利用しながら下るのも楽しいかもしれない。
S_20150510_niyodogawasup_iphpne_a_4

折悪く向かい風となった長い瀞場、堪らず、一列となり、ノーズとテールを重ねあわせてムカデのように繋いで漕ぎ進んで突破する。
S_20150510niyodogawasup_miyake_27

仁淀川と言えば沈下橋のある風景。この区間では、名越屋沈下橋をくぐる事ができる。清流と山の自然が生活の一部になった緩やかな川沿いの景色は一幅の絵のようである。橋の手前から浅く長い瀬。今度は追い風に変わって、軽やかに進みつつ、川底にヒットするギリギリの水深で特に感じられる独特の浮遊感を味わう。
S_20150510niyodogawasup_miyake_34

S_20150510niyodogawasup_miyake_42

道の駅土佐和紙工芸村前は瀞場になっていて、カヤックスクールが行われている。この日も、20艇ほどのカヤックが浮かんで賑やかだった。
S_20150510niyodogawasup_miyake_55

S_20150510niyodogawasup_miyake_57

その先の瀬を過ぎると、再び長い瀞場。その途中にゴールの河原となる。
S_20150510_niyodogawasup_iphpne_a_5

同じ日に、仁淀河口でインフレータブルSUPでSUPでは入ってはいけないエリアでサーフィンしたあげく、流されるといったトラブルがあったと後で伝え聞いた。装備、ローカルルールどちらも十分配慮したいものだ。
また、仁淀川では「スッゴイスポーツ」さんが、地元としっかりと取り組んでリバーSUPツアーを開催しているので、初めて仁淀川を訪れる際は、先ずはそれに参加すると安心だ。
www.shikoku-rafting.com
S_20150510niyodogawasup_miyake_29

【当日のデータ】
水量:不動 -0.67m
プットイン:黒瀬キャンプ場
テイクアウト:鹿敷さくら病院上流側河原
所要時間:3.5時間
距離:12.9km
ボート:インフレータブルSUP STARBOARD ASTRO TOURING 12.6
グレード:1.5級

« 吉野川リバーSUP(山崎セクションショート) 2015.05.09 | トップページ | 気田川リバーSUPツーリング 2015.05.16-17 »

リバーSUP」カテゴリの記事

四国の川」カテゴリの記事

渇水系」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1140581/60130420

この記事へのトラックバック一覧です: 仁淀川リバーSUPツーリング(黒瀬~鹿敷) 2015.05.10:

« 吉野川リバーSUP(山崎セクションショート) 2015.05.09 | トップページ | 気田川リバーSUPツーリング 2015.05.16-17 »

ウェブページ

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ