« 長良川リバーSUP(下田橋~洲原) 2015.05.04 | トップページ | 吉野川リバーSUP(大歩危岩原~まんなか) 2015.05.08 »

万水川犀川リバーSUP(豊科運動公園~龍門公園) 2015.05.06

残雪のアルプスを眺めつつ、高原を渡る風のように、早瀬を進む快速ツーリング。蓼川を少し漕ぎ上がって、わさび園前の清流と水車の景色を楽しむ。
万水川矢原 0.36m、犀川熊倉2.95m
S_20150506_yorozuisaikawasup_miy_11

プットインの豊科運動公園脇の憩いの池は、名水百選の安曇野わさび田湧水群公園のひとつ。清冽な水が絶え間なく豊富に湧き出す。そこから土手をまたいで万水橋の橋脚下に恰好の入水ポイントを見つける。
S_20150506_yorozuisaikawasup_miyake

万水川は、田んぼからの流入のためか濁りがあり、また、草など浮遊物も多い。水路のような早い流れを進むと、いくつかのバックウォッシュが現れる。その中には、格好のサーフィンウエイブもある。
S_20150506_yorozuisaikawasup_miya_2

スタートから3つ目の橋をくぐって200mほど進むと、右手に蓼川の合流が現れる。見失わないか心配していたが、澄んだ水と水車小屋が明らかに確認でき、見失うことはなかった。
S_20150506_yorozuisaikawasup_miya_3

蓼川に入って100mも漕ぎ上がると、景色のよい場所は終わってしまう。少し下流に戻って、カヌー用の上陸ポイントで一旦上陸。指定のカヌー置き場にボードを置かせてもらって、大王わさび園を観光。
S_20150506_yorozuisaikawasup_miya_4

再び入水して、水車小屋と清流とそよぐ水草のマッチングをしばし堪能したら、万水川に戻ってダウンリバーを再開。道路から離れて、ジャングルクルーズさながらに木々が覆い被さり、かなりムードがある。
S_20150506_yorozuisaikawasup_miya_5

程なく、犀川、穂高川との三川合流地点となる。視界が一気に開け、左右から流れがぶつかり合う。荒れたエディラインとボイルには、あらかじめ備えておけば問題ない。
S_20150506_yorozuisaikawasup_miya_6

犀川は、平らな地形を流勢の赴くままに流れることを許された広大な河原を持つち、背景に雄大なアルプス。他ではなかなか出会えない景色だ。
S_20150506_yorozuisaikawasup_miy_10

S_20150506_yorozuisaikawasup_miya_7

水嵩を増した流れに運ばれて犀川橋をくぐると、ゴールの龍王公園前の護岸を遠望できる。流れが早いので、あっという間にゴールに到着してしまう。
S_20150506_yorozuisaikawasup_miya_8

今回は自転車回送だったので、ショートコースとしたが、流れが早いので、更に3km程延ばした中村公園までとするのが頃合いのようだ。
S_20150506_yorozuisaikawasup_miya_9

【当日のデータ】
水位:万水川矢原 0.36m、犀川熊倉2.95m
プットイン:憩いの池(豊科運動公園隣)
テイクアウト:龍門公園
距離:6.5km
所要時間:2時間
ボート:インフレータブルSUP
グレード:3級

« 長良川リバーSUP(下田橋~洲原) 2015.05.04 | トップページ | 吉野川リバーSUP(大歩危岩原~まんなか) 2015.05.08 »

リバーSUP」カテゴリの記事

信越地方の川」カテゴリの記事

平水系」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1140581/59992930

この記事へのトラックバック一覧です: 万水川犀川リバーSUP(豊科運動公園~龍門公園) 2015.05.06:

« 長良川リバーSUP(下田橋~洲原) 2015.05.04 | トップページ | 吉野川リバーSUP(大歩危岩原~まんなか) 2015.05.08 »

ウェブページ

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ