« 有田川リバーカヤック 2015.03.15 | トップページ | 宇治川リバーSUP 2015.04.04 »

日高川(桧皮の滝、甲斐ノ川)SUP 2015.03.22

平日の大雨の大増水から適度に減水し、下り頃となった日高川の桧皮の滝と甲斐ノ川の両セクション。
桧皮の滝はSUPにはチャレンジングな落差の大きな核心部をもつクラス3+。甲斐ノ川はそれに比べれば落差の少ない比較的SUP向きのクラス3である。
いづれのセクションも、川は尾根伝いにぐねぐねと蛇行するが回送は僅かトンネル一本という、利便性の高いコースだ。
椿山ダム流入55t、龍神0.72m
S_20150322_hidakagawasup_akazawa_24

桧皮の滝は、前後に比較的イージーなクラス2-3に挟まれ、狭いゴルジュに大きなホールやウェーブ、落差のあるドロップが連続する500mほど区間にクラス3+の核心部がある7km強のセクション。
S_20150322_hidakagawasup_akazawa_13

S_20150322_hidakagawasup_miyake_5

核心部の3つのドロップでは、落水してからのリスクを考えてニーリングしてしたものの、落水なくスムーズに突破できた。この3年の道具の進化と技術の進歩で、攻略可能となったと判断して良いだろう。
S_20150322_hidakagawasup_miyake_14

S_20150322_hidakagawasup_miyake_17

サーフウェーブも随所に点在。カヤックでも(ホワイトウォーターのエキスパートなら)SUPでも楽しめる素晴らしいセクションである。
S_20150322_hidakagawasup_akazawa_32

S_20150322_hidakagawasup_akazawa_37

そして、少しだけ下流に移動して甲斐ノ川セクション。今度は全員がSUPに乗り換える。
S_20150322_hidakagawasup_miyake_25

甲斐ノ川は、増水時に現れるビッグウェーブが有名であっだが、数年前に消失。それからは、訪れるカヤッカーはほとんどいない。
S_20150322_hidakagawasup_miyake_34

僅か3km強の短いコースであるが、増水時には比較的落差の少ないクラス3となっており、中級のホワイトウォーターSUPには、非常に適したコンディションとなっている。
S_20150322_hidakagawasup_miyake_44

ダムから直ぐ始まる長い瀬の二段目と、そのあとのドロップが、このセクションの瀬としてはキツイもので、後半になると、気持ちよい流れが延々と続く。
S_20150322_hidakagawasup_miyake_45

数年ぶりのベスト水量の桧皮と甲斐ノ川を満喫。道路事情も近年かなりよくなっており、繰り返し訪れたい好コースである。
S_20150322_hidakagawasup_miyake_49

[当日のデータ]
水量:椿山ダム流入55t、龍神0.72m

桧皮の滝:
プットイン:六地蔵トンネル脇(上流側)
テイクアウト:龍神柳瀬保育園
距離:約7.7km
ボート:インフレータブルSUP
グレード:3.5級
時間:1h

甲斐ノ川:
プットイン:龍神村鍋坂ダム下
テイクアウト:甲斐ノ川保
距離:約3.2km
ボート:インフレータブルSUP
グレード:3級
時間:1.5h

« 有田川リバーカヤック 2015.03.15 | トップページ | 宇治川リバーSUP 2015.04.04 »

リバーSUP」カテゴリの記事

増水系」カテゴリの記事

日高川系」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1140581/59377799

この記事へのトラックバック一覧です: 日高川(桧皮の滝、甲斐ノ川)SUP 2015.03.22:

« 有田川リバーカヤック 2015.03.15 | トップページ | 宇治川リバーSUP 2015.04.04 »

ウェブページ

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ