« 奈良吉野川リバーSUP 2015.02.11 | トップページ | 由良川リバーSUP 2015.02.28 »

由良川リバーSUP 2015.02.21

パワー、流速あってスリリング。最適水量で、立岩の瀬は特にグレードが高く、コース全体としても、最後まで楽しませてくれる。
和知ダムゲート放流(少なめ)
S_20150221_yuragawasup_yamahara_9

雪融けによる増水か、ダムの工事か、連日のゲート放流。
立岩のプットインのアクセスルートは一応回復したが、今回も距離が取りたくて上流からスタート。
S_20150221_yuragawasup_akazawa_2

S_20150221_yuragawasup_miyake_2

狭い渓谷を厚みのある水が流れる。流勢に感覚を慣らしながら、立岩までの瀬をこなして行く。
S_20150221_yuragawasup_miyake_5

立岩の瀬は、300m程ひと続きになったこのコース最大の瀬。三段に連なり、総じて右岸側にホールや隠れ岩などの障害が多くて危険度が高い。しかし、左岸寄り中央のルートを堅持すれば問題なく抜けられる。波に揉まれながらも耐えていかにルートを保つかがポイントだ。
S_20150221_yuragawasup_miyake_11

山家の吊り橋下の瀬は、流れが集まりスピードが増す。右岸ルートを取るが、倒木に引っ掛からないように左寄りをキープ。
以後も攻め甲斐のある、様々なパターンのクラス3が続く。
S_20150221_yuragawasup_miyake_22

S_20150221_yuragawasup_yamahara_11

ゴール直前まで風の影響は少なかった。
ゴール間際の生コンの瀬は、流勢の強いドロップ。流れとエディの落差に思わず落水してしまう。
このコースのダウンリバーには最適な水量で、非常に楽しめる。ビッグウォーターに慣らすには最適なフィールドだ。
S_20150221_yuragawasup_miyake_27_2

【当日のデータ】
水量:和知ダムゲート放流(少な目)
プットイン:綾部市下替地町北野
テイクアウト:綾部市下赤谷
所要時間:2時間
距離7.4km
ボート:インフレータブルSUP
グレード:3級

« 奈良吉野川リバーSUP 2015.02.11 | トップページ | 由良川リバーSUP 2015.02.28 »

リバーSUP」カテゴリの記事

増水系」カテゴリの記事

由良川」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1140581/59054188

この記事へのトラックバック一覧です: 由良川リバーSUP 2015.02.21:

« 奈良吉野川リバーSUP 2015.02.11 | トップページ | 由良川リバーSUP 2015.02.28 »

ウェブページ

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ